FC2ブログ

月別アーカイブ

 2016年04月 

WTI原油価格反落 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場


  • ドル円は昨日の日経平均株価の大幅上昇にも110円台には
    届かず。NYでは株価が反落したことから109円33銭まで
    下落したが、失業保険申請件数が良好だったこともあり、下値も
    底堅い。

  • ユーロドルは1.13から100ポイントほど買われたが
    ECBが政策金利を据え置いたことから元の水準まで売られる。

  • 株式市場は原油価格が下落に転じたことで反落。ダウは
    4日ぶりに下落し113ドル安となり、1万8000ドルの
    大台を割り込む。

  • 債券相場は4日続落。失業保険申請件数の減少が重石となり
    長期金利は小幅に上昇。

  • 金は反落。原油価格も反落。

  • 新規失業保険申請件数       → 24.7万件

  • 3月景気先行指数         → +0.2%

  • 4月フィラデルフィア連銀景況指数 → -1.6

本日の注目イベント

  • 独   独4月製造業PMI(速報値)
  • 独   独4月サービス業PMI(速報値)
  • 欧   ユーロ圏4月製造業PMI(速報値)
  • 欧   ユーロ圏4月サービス業PMI(速報値)
  • 加   カナダ3月小売売上高
  • 加   カナダ3月消費者物価指数

昨日の日経平均株価は457円高と、大幅に続伸し1万7000円台を回復しました。
米国株の上昇に比べかなり出遅れているため、2日連続の大幅高にも驚きはありませ
んが、ドル円はそれでも110円には届かず、109円90銭辺りで上昇を止められ
ていました。109円台半ばから110円にかけてはドル売り意欲が強いことはこの
欄で指摘しましたが、予想以上に上値が重いことに驚きがあります。

もっとも、昨日はNY市場でドルは売られましたが、それでも109円台を維持して
いることで、先週までの動きとはやや印象が異なります。昨日発表された週間失業保
険申請件数は24万7000件と、1973年以来の低水準でした。米労働市場の緩
やかな拡大を示唆していると思われ、4月の雇用統計改善にも期待が膨らみます。

ドル円はこの指標に支えられた部分もありましたが、一方では来週27-28日の日
銀決定会合での政策期待も高まっており、こちらもドル円の支えになっています。
原油価格が安定し、米国株だけではなく欧州株も堅調に推移していることが、市場心
理を好転させており、「リスクオン」が徐々に強まっています。
ドル円だけが、今いち、想定通りの動きを見せてくれません。
今後は、原油や株価の安定に引っ張られるように110円台に乗せ、112円程度を
目指すのか、あるいは原油価格が再び下落基調に戻り、株価の下落と相まってドル円を
105円方向に誘導するのかじっくりと見極める必要があります。

日米欧中銀の金融政策会合は、昨日のECB理事会で幕を切りました。ドラギ総裁は
事前に追加緩和を匂わせていましたが、結局政策変更はなく、据え置きでした。
ユーロドルは発表前と発表後で乱高下しましたが、ドラギ総裁は「ECBが引き続き、
責務を果たすために必要ないかなる措置も取る」と発言し、市場に安心感だけを残し
ましたが、域内には反対意見もあり、今後の政策にも手詰まり感を感じる会見でした。

来週は25-26日にFOMCが開催されますが、こちらはほぼ「無風」かと思います。
従って注目されるのは27-28日の日銀の決定会合の行方です。市場では政策期待が
日増しに高まってきているように思います。日本の1-3月期GDP速報値は来月18
日に発表されますが、今回の熊本地震の影響もあり景気の下振れリスクは増大していま
す。来週の会合で、日銀はこれらの状況も考え、早めに動くのかどうかが焦点になりま
す。「必要ならちゅうちょなく」と繰り返してきた黒田総裁ですが、今こそ必要な時で
あり、追加緩和に踏み切っても、欧米諸国からも理解を得られると思います。

本日のドル円は引き続き上値の重い展開が予想されます。
2日間の株価の上昇も今日は一服と思われ、109円台が維持できるかどうかに注目し
ています。109円台を維持できるようなら、来週再び110円をテストする可能性も
残っているのではないかと考えます。
レンジは108円80銭~109円80銭程度と予想します。

============================================================================
昨日の新聞に「首相、衆参同日選見送り」という見出しが躍っていました。
「あれっ?」つい先日まで国会の場でも、記者会見でも「衆参同日選挙はまったく念
頭にはない」と、力強く首相は語っていたのが、いつの間にか「同日選挙」が前提の
見出しになっています。政局ありきはわかりますが、それでもまだ「状況によっては
同日選挙もあり得る」とでも言ってくれれば親近感も湧きましたが、180度反対で
はいけません。「政治の世界は一寸先は闇」とはよく言ったものです。

良い週末を・・・・・。

スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。