FC2ブログ

月別アーカイブ

 2016年04月 

ドル円111円台に 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • 日銀が金融機関への貸し出しにもマイナス金利を適用

    との報道からドル円は急騰。東京時間に110円台に乗せ、

    NYでは111円81銭まで円安が進む。

  • ユーロドルでもドル買いユーロ売りが優勢に。1.12台

    前半までユール安が進む。ユーロ円は125円台半ばまで上昇。

  • 株式市場は高安まちまち。ダウは21ドル上昇し1万8000ドル

    を回復したものの、ナスダックは39ポイント反落。

  • 債券相場は続落。長期金利は1.88%台まで上昇。

  • ドル高が進んだことから金は大幅安。原油価格は小反発。

    本日の注目イベント

  • 独   独4月IFO景況指数

  • 米   3月新築住宅販売件数


    先週末の東京時間、日銀の政策変更に関する報道から急速に株高と円安が

    進み、ドル円は110円台に乗せ、NY市場では111円台後半まで一気にド

    ルが買われました。現在日銀に預けている預金に対して、一定金額以上にはマ

    イナス金利が適用されていますが、日銀が金融機関に貸し出しする分にもマイ

    ナス金利を適用しようという案が検討されているとの報道です。

    ブルームバーグによると、日銀は成長基盤強化と貸し出し増加に向けた取り組

    みを支援するため、貸出支援基金を設けて金融機関に対して現在0%で資金供

    給を行っています。

    これが実現すれば、金融機関の収益にプラスに働くだけではなく、低金利の貸

    し出しが増えるとの見方から企業にとってもプラスで、株価の上昇と円安につ

    ながったようです。もっとも、ヘッジファンドなどの「円買い・ドル売り」ポ

    ジションは過去最高レベルに積みあがっており、

    このポジションの巻き戻しが相場を押し上げたと見ることもできます。

    まだ新規にドル買いポジションを構築する場面ではないと考えます。

    今週27-28日の日銀金融政策決定会合では追加緩和期待が非常に高く、多

    くの専門家が、今回は政策変更があると予想しています。

    特に熊本地震の影響から景気の下振れリスクが高まっており、個人的には5月

    18日に発表される1-3月期

    GDPの発表を受けてからの政策変更を予想していましたが、実施の可能性は

    急速に高まっています。

    日本株の出遅れは鮮明でしたが、先週後半にかけては1万7500円台まで急

    回復しており、株価の戻りも円売りにつながっています。

    今週は、もちろん上記決定会合の行方が最大の焦点になりますが、その前に米

    国では26日からFOMCが開催されます。今回のFOMCについては、政策変更

    はないとの見方が優勢で、この点は市場のコンセンサスになっています。

    問題はその後の利上げのペースを占う文言の内容です。

    市場は6月のFOMCでの利上げの可能性を探ることになりますが、ここでの

    利上げ観測が後退するような内容だと、ドルが再び売り込まれる可能性も出て

    きます。

    一方6月利上げの可能性が高まれば、「年内2回の利上げ」も意識され、ドル

    買い材料と見られることなります。声明文の内容に注目です。

    テクニカルを観てみると、ローソク足は「8時間足」の120日線を上抜けし

    ています。また、「日足」では[52日線」に差し掛かっている状況です。

    この上には「かなり厚い雲」が横たわっており、その雲の下限は112円台半

    ばということになります。

    先ずは、この雲の下限が相当意識される水準になろうかと思います。

    今回のドルの上昇は、伏線として原油価格の安定があり、その影響から米国株

    が連日年初来高値を更新して来ました。

    同時に米利上げのペースが極めて緩やかになるとの観測も株価を押し上げて来

    ましたが、日本株だけは「蚊帳の外」で、これが円高と相まって低水準にとど

    まっていた理由だろうと思います。

    これが先週末の報道と今週の金融決定会合での政策変更観測から、ようやく水

    準訂正に動いたものと見られます。

    本日も金融政策変更の可能性と、株価の動きに注意しながら相場に対峙するし

    かありません。

    予想レンジは110円80銭~112円程度と見ています。


  • スポンサーサイト



    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。