FC2ブログ

ドル円雇用統計を前に107円台を回復 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • ドル円は107円台を回復し、107円50銭まで上昇。

    雇用統計発表を控え、利益確定のドル買いが水準を押し上げる。

    連銀総裁のややタカ派の発言が相次いだが相場への影響は限定的

    だった。

  • ユーロドルは反落。前日1.15台まで買われたが雇用統計を前に

    ポジション調整のユーロ売りに、1.13台後半まで下落。

  • 株式市場はまちまち。ダウは小幅に続伸したが、ナスダックは

    8ポイント下落。

  • 債券相場は続伸。10年債利回りは小幅に低下し、1.74%台と、

    3週間ぶりの低水準に。

  • 金は続伸。原油価格はカナダの山火事の影響から買われ44ドル台に。


  • 新規失業保険申請件数数    → 27.4万件


    本日の注目イベント

  • 日    4月マネタリーベース

  • 中   中国1-3経常易収支

  • 米   4月雇用統計

  • 米   3月消費者信用残高

  • 加   カナダ4月失業率


    「日銀ショック」の影響から、ドル円は前日に105円55銭近辺まで売られ

    ました。節目の105円手前では反発し、昨日のNYでは107円台半ばまで

    ドルが買い戻されてはいますが、これは今晩の雇用統計を前に、ポジションを

    減らす動きで、依然としてドルの戻りを売りたいという相場観に変わりはあり

    ません。

    先週木曜日の決定会合からこれで6円以上も円高が進んだことになり、現在日

    本企業の2016年3月期決算が順次発表されていますが、既にその影響が出

    ています。問題は2017年3月期決算の見通しです。

    輸出企業の社内レートはいまだに110-115円程度を見込んでいるところ

    が多く、市場の円高スピードには追いついていません。

    仮に105円台が定着するようだと、輸出企業全体で1兆円もの減益になると

    の予想もあります。

    円高が株価を押し下げ、円高が進めば進むほど株価も下げることが頷けます。

    円の先高感が強いものの、それでも105円を割り込めば「介入警戒感」が急

    速に高まります。黒田総裁は独フランクフルトで「必要ならちゅうちょなく対

    応する」と述べていましたが、最早この言葉を額面どおりに受け止める向きは

    少なく、サミットを前にして政府日銀は介入できないのではないかという見方

    が広がっています。安倍首相も、訪問先のロンドンで「為替の急激な変動は、

    例えばわが国の貿易関連企業に大きな影響を与えるなど望ましくはない」

    (ブルームバーグ)と述べていますが、為替の水準についてはあえて明言を避

    けています。

    この連休中、オーストラリアでは予想外の利下げを行い。中国の新財PMIも

    先月よりも悪化しており、市場全体がリスクオフに傾きつつあります。

    さらに米国の経済指標も低調でした。

    これらはいずれも米利上げ観測の後退につながる材料になります。

    そんな中、米地区連銀総裁の利上げに関する発言が相次いでありました。

    サンフランシスコ連銀のウィリアムズ総裁は、「全ての指標が正しい方向を示

    している」として、「年内2、3度の利上げが妥当だろうと」語り、セントル

    イス連銀のブラード総裁は、労働市場は力強いようだと指摘した上で、6月1

    4、15日開催の次回FOMCで利上げが正当化されるかどうかについて、

    「先入観を持たずに臨む姿勢に変わりはない」と述べています。(ブルームバ

    ーグ)このように、連銀総裁は概ね利上げには前向きで、年2回程度の利上げ

    をイメージしています。

    この点は、イエレン議長との温度差があるように思われ、利上げペースが緩や

    かになるところは一致していますが、利上げ回数についてはまだ開きがあるよ

    うに思われます。

    ドル円は上でも述べたように、まだ上値が重く、戻りを売る姿勢が続いていま

    す。

    今夜の雇用統計がこれまでどおり好調であっても、上値は限定的ではないかと

    予想しています。それは、労働市場は依然として好調だという認識は共通のも

    のであり、サプライズにはなりにくいからです。

    むしろ、予想外に低調だった場合の動きには注意が必要かもしれません。

    市場のセンチメントも悪材料には反応し、好材料には反応が鈍いという点にも

    注意が必要です。

    予想レンジは105円50銭~108円程度と見ています。


  • スポンサーサイト



    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。