FC2ブログ

WTI原油価格一時47ドル台に 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • 東京時間朝方に108円22銭まで売られたドル円は午後に

    切り返し、NYでは109円38銭まで上昇。失業保険申請件数が

    予想外に悪化していたことから小幅に売られ109円前後で引ける。

  • ユーロドルは膠着状態。1.14を挟んで連日もみ合いが続く。

  • 株式市場はまちまち。アップル株が売られたものの、原油価格の

    上昇が株価の支えに。ダウは小幅に上昇し、ナスダックは23ポイント

    下落。

  • 債券は下落。30年債入札が低調だったことから売り物が優勢と

    なり、長期金利は小幅に上昇。

  • 金は反落し、原油価格は3日続伸。世界の原油供給が減少する

    との見方が広がり、6カ月ぶりに47ドル台に乗せる。引け値は

    47セント高の46ドル70セント。

  • 新規失業保険申請件数 → 29.4万件

    本日の注目イベント

  • 日   黒田日銀総裁講演(内外情勢調査会)

  • 独   独1-3月期GDP(速報値)

  • 欧   ユーロ圏1-3月期GDP(改定値)

  • 米   4月小売売上高

  • 米   4月生産者物価指数

  • 米   5月ミシガン大学消費者信頼感指数(速報値)

  • 米   ウイリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁講演


    ドル円は粘り腰を見せています。

    昨日の朝方には株価の下落に合わせて、108円22銭まで売られ、株価次第では

    108円割れもあるのではないかと思っていましたが、そこから反発してNYでは

    109円38銭まで買われました。もっとも、上値も直近の戻り高値と同水準で抑

    えられ、もみ合っている状況です。

    上値は米利上げ観測の後退や、昨日発表された週間保険申請件数の増加などを材料

    にして抑えられており下値の方は、麻生財務大臣がはっきりと「介入」という言葉

    を使ったこともあり、政府日銀による介入警戒感が支えている格好です。

    やや気になるのが失業保険申請件数の増加傾向です。

    同指数は前回も予想より悪化しており、昨日の29.4万件は今年1月の第2週以

    来の高水準でした。

    先週末に発表された雇用統計でも、非農業部門雇用者数は16万人と、FRBが目

    安とする20万人を下回っていました。

    市場の一部には「順調に拡大してきた雇用者が減少に転じた始まり」といった声も

    あります。FRBのダブルマンデートの一つである「雇用の拡大」にブレイキがか

    かるようだと、6月の利上げにも黄信号が灯ることになり、ドル売り材料と受け止

    められます。まだ早いとは思いますが、5月の雇用統計が今から注目されることに

    もなりそうです。

    その利上げに関して、ボストン連銀のローゼングレン総裁は再びタカ派寄りの認識

    を示しました。総裁は、最近の経済データは緩やかなペースでの利上げ継続を正当

    化するとし、行動を先送りし過ぎれば商業不動産市場でバブルを引き起こす恐れが

    あるとの認識を示しています。また、「今後入手する経済データが労働市場の緩や

    かな改善を示すようであれば、金融当局は政策金利の緩やかなペースでの正常化の

    準備を整えるべきだ」とも語っています。(ブルームバーグ)

    因みに同総裁はFOMCで今年の投票権を持っています。

    ドル円は動きにくい展開ですが、背景の一つにはユーロドルの膠着化が挙げられま

    す。ここ1週間程は1.13台半ばから1.14台半ばでもみ合いが続き、方向感

    がつかめません。敢えて方向感を探れば、日足を見る限りジリジリと下値を切り上

    げているため、1.15方向を目指しているようにも見えますが、決定的な材料見

    はつかりません。そのためドル円もユーロに引っ張られる展開は望みにくく、来週

    のG7待ちという状況のようです。それでも本日のNYでは、小売売上高とミシガ

    ン大学の消費者マインドが発表されることから、やや動きにも期待が持てるかもし

    れません。

    本日の予想レンジは、108円30銭~109円30銭程度にしたいと思います。

    午前中に黒田日銀総裁が内外情勢調査会で講演を行います。

    物価基調や金融緩和についてはこれまでの内容の繰り返しになると思いますが、

    欧州歴訪でマイナス金利の実態を垣間見てきた後だけに、やや期待もあります。


  • スポンサーサイト



    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。