FC2ブログ

月別アーカイブ

 2016年05月 

G7待ちで為替は小動き 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • ドル円は108円台から再び109円台まで上昇。

    株高に加え、米長期金利の上昇もドルの支えに。

    109円09銭までドル高が進み、ほぼ高値圏で引ける。

  • ユーロドルは1.13台前半で小動き、膠着状態が続き、

    この日も値幅は30ポイント程度。

  • 原油高を好感し株価は急反発。アップル株が急伸したことも

    市場のセンチメントを明るくし、ダウは175ドル高。

  • 株価の大幅高から債券は下落。この日は大手米銀が債券相場に

    強気の見方を発表したが反落。長期金利は1.75%台まで上昇。

  • 金は小幅に続伸。原油価格は半年ぶりに47ドル台まで上昇。


  • 5月NY連銀製造業景気指数  → -9.02

  • 5月NAHB住宅市場指数   →  58

    本日の注目イベント

  • 日   3月鉱工業生産(確報値)

  • 豪   RBA議事録

  • 欧   ユーロ圏3月貿易収支

  • 英  英4月物価統計

  • 米   4月住宅着工件数

  • 米   4月建設許可件数

  • 米   4月消費者物価指数

  • 米   4月鉱工業生産

  • 米   サンフランシスコ連銀総裁、アトランタ連銀総裁がイベントで発言

  • 米   カプラン・ダラス連銀総裁会合で質疑応答

    G7を控えていることもあり、為替市場は動きが小幅になってきました。

    特にユーロドルではレンジ相場が続いていることもあり、この日のNY市場での値幅は

    わずか28ポイントと、この通貨ペアとしては極めて異例です。

    ドル円も109円台に乗せたとはいえ勢いはなく、「嵐の前の静けさ」といった雰囲気

    です。

    米国株が連日値幅を伴って上下していることにドル円も振り回されていますが、昨日も

    NYダウは一時200ドルを超える上昇をみせ、引け値でも175ドル高だったことで

    ドル円は109円台を回復しました。

    株価は、投資家ウォーレンバフェトが低迷しているアップル株を購入したことが判明し、

    同株が大幅高になったことが影響しています。

    バフェットは、もともとIT株への投資は少なく、保有銘柄もIBMのみでした。

    しかも同氏の投資スタンスは「バイ・アンド・ホールド」を基本とし、一旦買ったら

    長期保有が原則です。そのバフェットがアップル株を大量に買ったことが判明したこ

    とで、アップルの将来性を買っているとの観測が広がったようです。

    それにしても、おん歳85歳の「投資の神様」バフェットの神通力はまだまだ健在の

    ようです。

    ドルが買われて円が売られた背景には、政府日銀による市場介入への警戒感が背景に

    ありますが、この日も為替介入の最高指揮者である淺川財務官の言葉が伝えられ、円

    が売られたとの報道もありますが、今朝の新聞に掲載されている同氏とのインタビュ

    ーでは、その種の言葉は見当たりません。

    「人工的な為替介入による競争的な引き下げはしない」と述べており、むしろ介入に

    は慎重な姿勢をにじませているように受け取れます。

    個人的にはむしろ黒田日銀総裁の微妙な言葉の変化に気をとめています。

    総裁は13日の講演で、これまでの「必要ならちゅうちょなく行動する」という「定

    型文」に加え、「(現在の政策の)効果がはっきりするまで待つことは全くない」と、

    一歩踏み込んだ発言をしています。4月の金融決定会合では、日銀が動かなかったこ

    とにより為替市場や株式市場が大混乱をし、短期間でドル円は6円以上も円高が進み

    ました。「日銀ショック」とも言うべき事態を再度引き起こすわけにはいきません。

    6月の決定会合での緩和観測が市場で再び高まれば高まるほど、「今度は期待を裏

    切らない」という見方が強まります。

    6月会合までにはまだ1カ月ほどありますが、ドル円や株価の水準次第では今度こそ

    「動く」と、個人的には予想しています。

    金融政策の変更は状況によっては可能だとは思いますが、市場で直接ドルを買って円

    を売る介入はそれほど簡単ではないと思います。

    G7である程度の理解が得られる必要があります。

    そのあたりを、今週末のG7で根回しできるのかどうかにもかかってきます。


    本日のドル円は108円60銭~109円50銭程度を予想します。

    日本株が大幅に上昇するようだと、109円台半ばを再びテストすることもあるかも

    しれません。


  • スポンサーサイト
    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。