FC2ブログ

月別アーカイブ

 2016年06月 

ドル円再び108円台に 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • ドル円は東京市場の流れを受けて続落。日本株の大幅安

    などを材料に円買いが優勢となり、108円53銭まで下落し

    108円80-90銭で引ける。

  • ECBが理事会で政策金利据え置きを決めたが、ユーロドルは

    ややユーロ買いが優った。1.12台前半まで買われたが方向感は

    定まらず。

  • 株式市場は続伸。ADP雇用者数が好調だったことで、

    S&P500は7カ月ぶりに高値を付ける。

  • 債券相場も続伸。10年債利回りは低下し、2週間ぶりに

    1.80%台を割り込む。

  • 金は続落。原油価格はOPEC総会で生産上限設定で合意に

    至らず一旦売られたが、在庫統計で減少が確認されるとプラスに転じる。



  • 5月ADP雇用者数     → 17.3万人

  • 新規失業保険申請件数    → 26.7万人


    本日の注目イベント


  • 中   中国 5月財新サービス業PMI

  • 中   中国 5月財新コンポジットPMI

  • 欧   ユーロ圏4月小売売上高

  • 英   英月サービス業PMI

  • 米   5月雇用統計

  • 米   4月貿易収支

  • 米   5月ISM非製造業景況指数

  • 米   ブレイナード・FRB理事講演

  • 米   エバンス・シカゴ連銀総裁講演(ロンドン)

  • 加   カナダ4月貿易収支


    注目のOPEC総会では、加盟国は新たな生産上限設定で合意できず、

    任意の生産を容認する方針を継続することになりました。

    この決定を受けてWTI原油価格は一時48ドルを割り込む水準まで

    売り込まれましたが、その後発表された原油在庫が減少していたこと

    が確認されると反発。結局前日比16セント高の、49ドル17セン

    トで取引を終えています。「生産目標設定」では合意できなかったも

    のの、大きな混乱もなく終えています。

    ECBは政策金利据え置きを決め、今回の理事会ではサプライズもな

    く平穏でした。ドラギ総裁は記者会見で「われわれは正しい道を進ん

    でいるが、予断は許されない」と語り、政策変更はなかったものの、

    「これまでそうしてきたように、使命の範囲内で利用可能なあらゆる

    手段を駆使し、行動する」と述べ、今後の追加緩和の余地は残してい

    ました。

    OPEC総会とECB理事会を終え、市場の関心は今夜の雇用統計と

    週明け7日のイエレン議長の講演に移ります。

    今夜の雇用統計では、非農業部門雇用者数を16万人と予想していま

    す。前回4月の雇用者数と同水準ですが、事前予想が低めなので、こ

    こを大きく下回ると、足元で盛り上がった利上げ観測に水を差すこと

    にもなりかねません。

    前回の16万人という数字は、昨年9月以来となる低水準で、ややサ

    プライズでしたが、今後この傾向が定着するのか、あるいは前回が一

    時的なものだったのかを見極める手がかりになりそうです。

    個人的には米労働市場の増加傾向は緩やかに低減していくと予想して

    います。

    そして、来週に再びイエレン議長の講演が予定されています。

    先週末のハーバード大学での講演では、予想以上に「タカ派的」で、

    ややサプライズでした。今回は2回目ということもあり、仮に同じ発

    言だとしたら、市場への影響は限定的でしょう。

    注目は、前回の講演で利上げは「数カ月内に」という言い回しだった

    ものが、より具体的に6月、あるいは7月という言い回しに変わるの

    かどうかという点です。

    ドル円は108円台半ばまで下げたことで、105-110円のレン

    ジに戻った印象もあります。ここで定着するかどうかはまだ分かりま

    せんが、これで上値の重かった111円台半ばが、110円程度にシ

    フトして来た可能性はあります。

    111円台で推移していた時には、105円はやや遠のいた印象もあ

    りましたが、105-110円のレンジ内に収まっているようだと、

    105円はそれほど遠い距離ではありません。

    特にここ数日で観られたように、下げ相場のスピードは予想以上のも

    のがあります。

    本日のレンジは荒れる雇用統計を考慮して、108円~109円50

    銭程度とします。


  • スポンサーサイト



    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。