FC2ブログ

月別アーカイブ

 2016年06月 

EU残留支持派がややリード 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • ドル円は今週の英国の国民投票を控え小動き。

    104円台前半でもみ合い、104円30-40銭で引ける。

  • ユーロドルも1.12台で小動きながら、1.13目前

    まで買われ、ややユーロ買い戻しが優勢に。

  • 株式市場は反落。ヘルスケア関連銘柄が売られ、エネルギー

    関連銘柄が買われた。ダウは57ドル下げ、他の主要指数も反落。

  • 債券相場は続落。英国のEU離脱を巡るキャンペーンが中止された

    とで米国債への需要が後退。長期金利は1.6%台に上昇。

  • 金は売られ、原油価格は7営業日ぶりに反発。


  • 5月住宅着工件数 → 116.4万件

  • 5月建設許可件数 → 113.8万件

    本日の注目イベント

  • 日   5月貿易収支

  • 日   黒田日銀総裁講演

  • 独   独5月生産者物価指数

  • 米   カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁講演

    NY市場のドル円は終始104円台で小動きでした。

    今週23日に行われる英国の国民投票の結果が目先の最大の関心事であり、結果次第

    で相場展開が大きく変わることから、事前のポジションをどちらか一方には傾けにく

    いという状況です。昨日までに届いたニュースでは、「残留派」がやや勢いを取り戻

    し優勢に転じたと伝えられています。

    報道によると、英国のEUからの残留を支持するコックス下院議員の殺害後に実施さ

    れた初の世論調査では、国民投票で残留を支持する回答が離脱派を上回ったとのこと

    です。

    通信社プレス・アソシエーションが成人1001人を対象に行った調査では、残留支

    持派が45%で、離脱支持派は42%でした。(ブルームバーグ)

    国会議員の死亡で残留支持が増えたとの見方もありますが、一方でこれを疑問視する

    声もあります。いずれにしても、僅差であることには変わりはなく、おそらくこの傾

    向は投票日まで変わらないと思われます。結局、蓋を開けるまで結果は分からないと

    いうことです。

    この報道を受けてか、週明けのオセアニア市場では円が主要通貨に対してやや売られ

    て取引されています。「リスクオフ」がやや後退した格好ですが、世論調査の結果は

    まだ予断を許さず、23日までに調査結果が再び逆転する可能性もあると見られます。

    先週は円全面高の展開が続き、ドル円は103円55銭まで売られ、ユーロ円などク

    ロス円も軒並み大きく下落しました。

    しかしその割には、当局からの「口先介入」は聞こえてきませんでした。

    菅官房長官の一般的な話はありましたが、5月3日に105円台半ばをつけた時の、

    「当然介入する」といったような、強固な発言は聞かれません。

    そのため今のところドルの戻りも限定的です。

    前回よりもさらに円高が進んだにも関わらず、円高をけん制する発言がないのは、米

    国を意識しているのか、あるいは、介入のタイミングを綿密に探っているのか見方は

    分かれますが、「100円」という水準が一つの目安になっていることは間違いない

    ところだと思います。

    個人的には、その前の段階で実弾による介入もあり得ると予想していますが、23日

    の英国の国民投票の結果次第では、その可能性は早まります。

    今週は国民投票の結果が判明する週末までは動けない展開が続きます。

    結果が出る前にポジション調整による動きはあるかもしれませんが、それは悪までも

    調整にすぎません。結果がどう出ようと相場が動くことになるため、結果を確認して

    からでも遅くはないと思われます。

    本日は、上記世論調査の結果がどこまで「リスクオフ」を後退させるのかを見たいと

    思います。

    レンジは104円~105円30銭程度を予想します。


  • スポンサーサイト



    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。