FC2ブログ

月別アーカイブ

 2016年06月 

ドル円再び下値をトライか? 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • 英国のEU離脱の可能性がやや低下したことを材料に、ドル円は

    東京時間に104円83銭近辺まで上昇したが、NYではポンドや

    ユーロが対ドルで買い戻されたことに伴い円買いが進む。

    一時は103円77銭までドル安円高に振れる。

  • ユーロドルではユーロの買い戻しが活発となり、1.13台半ばまで

    ユーロ高が進む。

  • 株式市場は英国のEUからの離脱懸念が後退したことを好感し続伸。

    ダウは一時270ドル上昇する場面もあったが、引けにかけては軟調に。

    結局ダウは先週末比129ドル高で取引を終える。

  • 債券相場も混乱が回避できるとの見方から売り物が優勢となり続落。

    長期金利は1.68%台まで急上昇。

  • 安全資産の金は売られ、原油は大幅に続伸し49ドル台を回復。

    本日の注目イベント

  • 豪   RBA議事録

  • 日   4月鉱工業生産(確定値)

  • 日   日銀金融政策決定会合、議事要旨(4月27日、28日分)

  • 独   独6月ZEW景況感指数

  • 英  英5月財政収支

  • 英   英イングランド銀行臨時オペ

  • 米   イエレン・FRB議長議会証言(上院)


    英国のEUへの残留を支持する方が離脱支持よりも上回ったことを好感し、金融市場

    はこれまでのポジションの巻き戻しが活発となり、安全資産の国債が売られ、リスク

    資産の株式が買い戻され、売り込まれていたポンドとユーロが対ドルで上昇しました。

    円も、本来なら安全通貨として買われていたため、売られてもいいはずでしたが、

    ドル売りポンド買いの流れから、ドル売り円買いが進んだものと思われます。

    株価と長期金利の上昇は材料視されなかった形になっています。。

    ポンドやユーロが買い戻され強含んだものの、円はそれ以上に買われました。

    本日は上院でイエレン議長の議会証言があり、議長は前回のFOMC後の記者会見で

    英国の国民投票が不確定要因であることに触れていたことから、ややハト派的発言が

    予想されることも円が買われた背景と見られます。

    英国の国民投票を巡る世論調査の結果はまだまだ分からず不確定です。

    どちらが勝っても、その差は恐らく僅差になると見られており、最後までわかりませ

    ん。資産家のウィルバー・ロス氏は英国のEUからの離脱が国民投票で決まれば、

    「世界史上で最も費用のかかる離婚手続き」になるだろうと指摘したと、ブルームバ

    ーグは伝えています。英国への経済的打撃はかなり深刻なものになると英財務省も警

    告しています。

    株式と債券市場はやや落ち着きを取り戻していますが、為替市場ではまだ「安全通貨」

    の円を買う動きは収まってはいません。

    ドル円は昨日のNYで103円77銭まで売られ、先週記録した103円55銭が再

    び視野に入って来ました。

    やや心配なのは、このように一気に円高に向うのではなく、ジリジリと円が買われる

    展開です。

    このような動きが続くと、いつの間にか円が1円も2円も上昇していることに気づか

    ず、円高が進んだという感覚を持ちにくいものです。

    通貨当局も投機的な動きとは認識できずに、「介入」に踏み切るタイミングを見つけ

    にくいという問題もあります。

    ドル円は既に5月3日に記録した円高水準を2円ほど上回っています。

    ただその割には政府関係者からは円高をけん制する発言は目だってはいません。

    今朝の経済紙によると、黒田総裁も金融政策の効果を最大限に引き出すためには、こ

    れまでのサプライズ路線ではなく、予見性を重要すると、スタンスを変えたのではな

    いかとの記事もありました。英国の国民投票の結果が判明するまでは、ジリジリと円

    が買われる展開が続くと予想しています。

    本日も株価の動きが重要です。

    NYダウは大幅高を見せましたが、為替が円高に振れたことで本日の日経平均株価は

    下落が予想されます。再び300円~500円ほどの大幅下落を見せるようだと、そ

    れに伴ってドル円も103円台半ばをテストすることが考えられます。

    依然として上値が思い展開の中、どこまでドルが下げるかが焦点です。

    英国からのポジィティブなニュースがない限り、予想レンジは103円~104円3

    0銭程度と見ています。


  • スポンサーサイト



    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。