FC2ブログ

月別アーカイブ

 2016年06月 

英国国民投票の結果が全て 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場


  • 英国の国民投票を前に市場は様子見ムードが漂い
    ドル円は小動き。104円台半ばを中心にもみ合う。

  • ユーロドルはややユーロの買い戻しが優勢となり
    1.13を挟んだ取引に。

  • 株式市場は3日ぶりに反落。イエレン議長の議会証言にも
    反応はなく、英国の国民投票を前にポジション調整に終始。
    ダウは48ドル下落し、ナスダック指数なども揃って反落。

  • 債券相場は反発。米財務省はこの日3本の入札を実施
    し、好調だったことも買い安心感につながる。

  • 金と原油はともに続落。

  • 5月中古住宅販売件数   → 553万件

  • 4月FHFA住宅価格指数 → +0.2%

本日の注目イベント

  • 独   独6月製造業PMI(速報値)
  • 独   独6月サービス業PMI(速報値)
  • 欧   ユーロ圏6月総合PMI(速報値)
  • 欧   ユーロ圏6月製造業PMI(速報値)
  • 欧   ユーロ圏6月サービス業PMI(速報値)
  • 英   英国民投票
  • 米   新規失業保険申請件数
  • 米   5月景気先行指標総合指数
  • 米   5月新築住宅販売件数
  • 米   カプラン・ダラス連銀総裁講演
  • 米   FRB、ストレステストの結果発表

「英国民投票でEU残留支持48%、離脱42%-コムレス世論調査」、
今朝のブルームバーグニュースはこのように伝えています。
いよいよ本日は英国で国民投票が実施され、英国民にとっては、EU
から離脱し独自の経済運営を目指し英国の新しい未来を描くのか、
あるいはEUに留まり、欧州の一員として独仏などと伴に歩みを進める
のかを決断しなければならない「運命の日」です。

今朝は新聞、テレビでもこの話題で持ちきりです。
英国がこれほど世界中の耳目を集めたことはこれまでにあったでしょうか。
あのジョージ・ソロスがバンク・オブ・イングランドを負かした時でさえも、
これほどの注目を集めなかったと記憶しています。
筆者も、現役為替ディーラーとして、ポンドを売りまくっていた頃を思い起
こします。

残留支持が優勢のようですが、他の調査機関では残留が51%で、離脱が
49%との報道もあります。分かっていることは、依然としてその差は僅かで、
態度を保留している票がどちらに流れるかで、どちらも過半数を獲得する可能
性があるということです。結果が判明するまで、これから24時間以上も待た
なければなりません。
その間、様々な情報が飛び交うことになると思いますが、ここからあえて「国
民投票に向けて」ポジションを取るのは危険です。
特に予想と異なった場合の「ストップロス」は、指定したレートで約定されな
いリスクが高いと思われ、想定以上の損出が発生する可能性もあります。
ここは結果が出てからの出動でも遅くはないと考え、まずは「高見の見物」を
お勧めします。

昨日もイエレン議長の議会証言がありましが注目度は低く、上記英国の後じんを
拝しています。議長は前回の雇用統計で雇用者数が激減したことに触れ、これは
一時的な現象であると指摘し、景気が回復すれば緩やかに利上げを行うと述べて
います。また利上げは、株価には必ずしもマイナスではないとの見方も示してい
ました。さらにIMFのラガルド専務理事は、米国の緩やかな利上げの道筋を支
持するとのコメントも発表しています。

昨日の為替市場は「残留支持」が優勢だったこともあり、ポンドが買い戻されて
はいますが、取引はそれほど活発ではなく、「嵐の前の静けさ」といった状況で
した。この状況は本日も続くと見られますが、国民投票に関するニュースが配信
されるたびに、神経質な動きを見せるかもしれません。
G7の通貨当局も臨戦態勢をしいており、場合によっては「協調介入で臨む」と
いった、強いメッセージを市場に送ってくる可能性もあります。

本日は国民投票に関する報道次第というところですが、104円~105円
50銭程度を予想しています。

スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。