FC2ブログ

月別アーカイブ

 2016年07月 

BOE総裁金融緩和を示唆 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • ドル円は米国株が3日続けて大幅高になったことで上昇。

    103円台を回復し、103円29銭までドル高が進む。

    BOEのカーニー総裁が金融緩和を示唆したことが影響。

  • ユーロドルは横ばい。1.11台まで上昇したものの、

    売り押され、1.10台前半まで売られる。

    BOE総裁の発言を受けてポンドは再び大幅下落。

  • 米株は3日続伸。BOE総裁が金融緩和を示唆したことで

    FTSEが上昇し、その流れを受け大幅高。ダウは235ドル

    上昇し先週末からの下落分の8割強を埋める。

  • 債券相場も上昇。長期金利は再び1.5%を割り込み、

    1.47%台まで低下。

  • ドルが買われたことで金と原油は反落。

  • 新規失業保険申請件数      → 26.8万件

  • 6月シカゴ購買部協会景気指数  → 56.8

    本日の注目イベント

  • 日   5月消費者物価指数

  • 日   5月失業率

  • 日   6月日銀短観

  • 日   エネルギーと生鮮食品を除く消費者物価指数(日銀)

  • 中   中国 6月製造業PMI

  • 中   中国 6月非製造業PMI

  • 中   中国 6月財新サービス業PMI

  • 欧   ユーロ圏6月製造業PMI(改定値)

  • 欧   ユーロ圏5月失業率

  • 英   英6月製造業PMI

  • 米   6月ISM製造業景況指数


    EUからの離脱を決めた英国で、イングランド銀行(BOE)のカーニー総裁が

    講演し、「景気見通しは悪化した。夏の間に何らかの金融緩和が必要になる公算

    が大きい」(ブルームバーグ)と語り、今後数カ月以内に金融政策を緩和する必要

    があるとの考えを示しました。

    この発言を受けて、ポンドは対ドルで200ポイント近く下落し、対円やユーロ

    でも売られています。一方金融緩和観測が高まったことで英国株は上昇し、この

    影響でNYダウは前日比235ドルも上昇し、リスクオンが拡大したことでドル

    円は103円台前半までドル高が進行しました。今朝方には103円40銭近辺

    まで上昇しましたが、NYでは先週金曜日の「ブラック・フライデー」でドル円

    が急落した後の「戻り高値」水準で上昇を抑えられた格好になっています。

    ロンドンの株式市場をはじめ欧州株が上昇したことを受け、NYでは株価が続伸

    しドル円をサポートしています。

    NYダウはこの日も235ドル上昇し、これで3日連続で200ドルを超える大

    幅な上昇を見せ、この間の上昇幅も790ドル近い急反発です、

    英国のEUからの離脱を嫌気して大きく売られたNYダウでしたが、この3日間

    の上昇を見る限りは欧州不安も払拭された印象です。

    カーニーBOE総裁の「市場の反応を予想した」、巧みな対話能力のなせる技だ

    と言えます。因みに同総裁はカナダ人で、2013年にカナダ中銀から歴史ある

    イングランド銀行に迎えられた人で、カナダ中銀総裁時代から「名総裁」とうた

    われた人物です。

    英国のEU離脱が決まってから1週間がたち、市場は落ち着きを取り戻して来ま

    した。ドル円もあの日以来100円割れを見せてはいません。

    英国が正式にEUから離脱すのに、まだ相当な時間を要することや、実際にはそ

    の影響を見極めにくいなどといった背景があり、少なくともリーマンショックと

    は大きく異なるとの見方があります。ただこのまま元の状態に戻るとは思えず、

    今後欧州がその影響を徐々に受けることにはなろうと思います。

    昨日もこの欄で述べましたが、それでも「UKショック」のピークは過ぎただろ

    うと考えております。

    「UKショック」後に初めてとなるFOMCメンバーによる講演がありました。

    セントルイス連銀のブラード総裁はロンドンで講演し、年1回の利上げ予想を変

    更したかとの質問に対して、「今後2年間に英国のEU離脱が、米国に大きな影

    響を与えると予想してないため、今のところ予想を維持する」と述べています。

    (ブルームバーグ)

    ブラード総裁は6月15日のFOMCでは、年内の利上げを1回と見ている人物

    の一人で、同総裁が利上げ予想を変更したとしたら、年内の利上げはないと見

    ていることになり、ドル売り材料と捉えられます。

    NYダウの大幅続伸を好感し、日本株も上昇が見込まれますが、昨日の様に日

    中は一時は200円近い上昇を見せながらも、引け値では結局小幅高に終わ

    るようなら、ドル円の上昇も限定的だと予想します。103円台を維持できる

    かどうかと、さらには上昇した際に103円台半ばを超えられるかがポイントに

    なりそうです。

    予想レンジは102円50銭~103円50銭程度とみます。


  • スポンサーサイト
    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。