FC2ブログ

月別アーカイブ

 2016年07月 

ドル底堅い動き 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • ドル円は106円台を回復し、106円40銭まで上昇。

    株高と長期金利の上昇がドルを支え、今週の日銀会合での

    緩和観測も徐々に高まっている。

  • ユーロドルは1.0956まで売られ、直近の安値を

    割り込む。

  • 株式市場は揃って反発。S&P500が最高値を更新し、

    ダウは53ドル高。                                                        

  • 債券相場はほぼ変わらず。長期金利は1.56%台で

    取引を終える。

  • 金は反落。原油は続落し44ドル台前半に。

    本日の注目イベント

  • 日   6月貿易収支

  • 独   独7月IFO景況指数


    米株式市場は10日ぶりに反落したが、下落は1日だけで、再び上昇したことで

    ドル円も106円台を回復しています。

    NY市場では106円40銭までドルが買われ、依然として上値を試す展開と見

    られます。株価の行方がドル円の方向性を決める流れですが、今週は日米で金融

    政策会合があるため、結果次第では、上下どちらにも動く可能性があります。

    中国四川省の成都で行われていた「G20」が閉幕しました。

    英国のEUからの離脱後最初の「G20」であったことから注目していましたが、

    声明文では「世界経済の回復は続いているが、引き続き望ましい水準より弱い」と

    指摘し、英離脱の影響には積極的に対応することで合意しました。

    また為替問題では、「通貨の競争的な切り下げを回避する」と改めて指摘してい

    ます。

    会合後の記者会見で黒田日銀総裁は「物価安定のため必要と判断すれば緩和策を

    じる」と、いつもの決まり文句を述べていますが、記者団との話しの中で、「中

    央銀行が金融を緩和している状況下で政府が財政政策を活用すれば、景気に対す

    る効果は大きい」と述べ、政府との協調に前向きな姿勢を見せていました。

    今週28-29日に行われる金融政策決定会合では、何らか行動を起こすといっ

    た見方は高まっており、これがドル円の底堅さの一因になっていると見られます。

    今週日銀が追加緩和に踏み切るかどうかは、個人的にはまだ五分五分と見ています

    が、ブルームバーグの調査では、異なっています。

    ブルームバーグが15-22日にエコノミスト41人を対象に調査した結果、28

    -29日の会合で追緩和を行うとの予想が32人(78%)と圧倒的多数でした。

    ただ今年4月の会合前の予想でも緩和実施が多かったにも関わらず「見送り」で、

    円高と株安が急速に進んだ記憶もまだ鮮明で、追加緩和実施を前提にポジションを

    構築するわけにはいきませんが、今回の調査の78%が「動く」と予想しているの

    に対し、4月は緩和期待が高まっていたとはいえ56%だったことは頭の片隅に入

    れておくべきでしょう。今回の会合については、それ程「今やるべき」との見方が

    強まっており、仮に動かなかった場合には「日銀の本気度が疑われる」といった意

    見もあるようです。

    政府の経済対策の詳細は来月早々にも発表される見込みですが、「大規模な経済対

    策と追加緩和」のセットで実施されれば、やはりその効果は大きいと思われます。

    ドル円は現在(日足)雲の下限をテストしているところです。

    先週木曜日には107円台半ばまで上昇し、雲の中には入りましたが、抜け切れず

    に雲の上限に押し戻されました。

    足元では雲が徐々に下降しているため、107円80銭近辺まで上昇すれば「雲の

    上抜け」が完成する状況です。今週の日銀会合で上記予想通り追加緩和が実施され

    れば、雲抜けも十分可能かと思われます。反対に緩和観測が強まっているだけに、

    「無風」だった場合の影響は4月の再来になることも十分考えられます。

    本日の予想レンジは106-107円程度見ています。


  • スポンサーサイト
    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。