FC2ブログ

月別アーカイブ

 2016年10月 

ドル円105円台に乗せる 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場


  • ドル円は続伸し、節目の105円を抜き105円35銭まで
    上昇。株価は下げたものの長期金利が急騰し、これがドルを支え
    た。

  • ユーロドルも小幅に上昇。ドイツ銀行の決算が黒字だったこ
    とから、ドイツの長期金利が上昇し、ユーロ買いに繋がった。

  • 株式市場は反落。利上げ観測が重石となり、企業決算はそこ
    そこだったにも関わらず、ダウは29ドル下落。

  • 債券相場は大幅に続落。失業保険申請件数などが良好だった
    ことや、欧州で金利が上昇したことから売りが優勢に。
    長期金利は約5カ月ぶりに1.85%台まで上昇。

  • 金と原油は小幅ながら上昇。

  • 新規失業保険申請件数   →  25.8万件

  • 9月耐久財受注        →  +0.2%

  • 9月中古住宅販売成約指数→  +1.5%

本日の注目イベント

  • 豪   豪第3四半期生産者物価指数
  • 日   9月消費者物価指数
  • 日   9月失業率
  • 独   独10月消費者物価指数(速報値)
  • 欧   ユーロ圏10月景況感指数
  • 欧   企業決算 → UBS、BNPパリバ、RBS
  • 米   7-9月GDP(速報値)
  • 米   10月ミシガン大学消費者信頼感指数(確定値)
  • 米  企業決算 → エクソンモービル、マスターカード

「テクニカルの勝利」と言ってもいいでしょう。
ドル円は節目の105円を抜き、一時は105円35銭までドルが買われ、
約3ヶ月ぶりのドル高水準を記録しました。昨日のこの欄でも触れまし
たが、一部には米利上げの限界を見越して、ドル円が再び円高方向に
進むとの観測もありましたが、テクニカルでは「ドル高を示唆」している
ことを指摘しました。現時点ではてテクニカルが勝ったと言ってもいいと
思います。

NY市場では105円をあっさり抜け105円35銭までドルが買われ、ほ
ぼこの日の高値圏で取引を終えています。株価は下げたものの、ドル
買いのドライバーととなったのは、米金利の上昇でした。昨日決算発表
のあったドイツ銀行が、予想外の黒字を確保したことで市場に安心感が
広がり、米長期金利は1.85%台まで上昇しました。日米金利差の拡大
が、円を売ってドルを買うという行動につながりドルを押し上げました。
米長期金利は約5カ月ぶりの高水準です。本日発表の第3四半期GDPも
2.6%と予想され、米景気の拡大を見越している部分もあったようです。

ドル円は105円の壁をあっさり越えたことで、これまでの100円―105円
のレンジは上昇修正されたと思います。恐らく102円-107円のレンジか、
103円―108円のレンジを形成するのではないかと予想します。ただ、節
目を越えたからといって、このままドルが上昇し続けるかどうかは不明です。

NYの株価が不安定なことがその一因として挙げられます。NY株式市場は、
代表的な株価指数であるダウやS&P500がここ数カ月ほぼ横ばいか下
落で推移しています。もちろん「利上げ」が材料になっていることは理解でき
ますが、良好な企業決算のわりには株価が上がりません。
株価の上昇は「リスクオン」の象徴で、そうなると本格的に安全通貨の円は
売られることになります。
足元ではドルが上昇してはいますが、まだ手放しでドルを買えばいいとうス
テージには到達していないと見ています。

それでも今後のスタンスはドルが下げたところでは拾っておくべきでしょう。
100円割れのリスクはかなり遠のいたと見られます。
出遅れ感の強い日経平均株価もようやく上昇傾向を強めています。昨日東
証が発表した資料では、外人投資家は3週連続で買い越しに転じていまし
た。彼らは、株価と為替の両方で利益を取れるチャンスが来たと見立ててい
るのかも知れません。本日の予想レンジは104円70銭~105円70銭程度
にしたいと思います。米GDPの結果次第では、さらに上下どちらにも振れが
大きくなる可能性もあります。

=============================
9月の金融政策決定会合で、日銀が長期金利をゼロ%程度に誘導す
ると決めてから1カ月以上が経過しました。
長期金利をコントロールするという異例の政策に打って出たわけで
すが、足元の金利水準はマイナス0.05%程度で推移しています。
問題は、それ以降値動きがほぼ固定されてしまったことです。
10月の値幅はマイナス0.073%~マイナス0.048%と、
わずか0.025%です。
当然ですが、これでは債券トレーダーも腕の見せどころがありませ
ん。外資系の中には債券部門の縮小を決めたところもあるようです
が、債券トレーダーはお互いに情報を交換しながら、戦々恐々とし
ているとか。こんなところにも金融政策の影響が出ているようです。

良い週末を・・・・・。



スポンサーサイト
このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。