FC2ブログ

月別アーカイブ

 2017年02月 

トランプ大統領円安を批判 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • ドル円は急落。113円台前半から半ばで推移していたドル円は

    トランプ大統領の円安批判をきっかけに112円08銭まで下落。

    ただ、この水準は過去に何度も跳ね返されている水準であったことから

    ドル買い意欲も強く112円台後半まで押し戻される。

  • ユーロドルも急騰。1.08台前半まで買われ、約1カ月半ぶりの

    ユーロ高を記録。

  • ダウは大幅に続落。トランプリスクが意識され、この日は経済指標も

    低調だったことで売りが優った。ダウは1万9900ドルを割り込んだが、

    ナスダックは小幅に上昇。

  • 債券相場は上昇。株安に加え、消費者マインドも低調だったことで、

    買い物を集める。長期金利は2.41%台へと低下。

  • 金は大幅に続伸し1211ドル台に。原油価格も小幅に反発。


  • 10-12月雇用コスト指数      →  +0.5%

  • 1月シカゴ購買部協会景気指数   →  50.3

  • 1月消費者信頼感指数        →   111.8

  • 11月ケース・シラ-住宅価格指数 →   +5.27%

    本日の注目イベント

  • 中   中国 1月製造業PMI(速報値)

  • 中   中国 1月非製造業PMI(速報値)

  • 欧   ユーロ圏1月製造業PMI(改定値)

  • 英   英1月製造業PMI

  • 米   FOMC 政策金利発表

  • 米   1月ADP雇用者数

  • 米   1月ISM製造業景況指数

  • 米  企業決算 → フェイスブック、シマンテック

    「ついに来た」と言うべきか、「やっぱり来た」と言うべきか、過激な発言を

    繰り返すトランプ大統領が、日本と中国の為替政策を批判しました。

    日本や中国が「意図的に市場で為替操作をして、米国は損害を受けている」と

    発言しました。

    これは為替問題を直接的に批判したのではなく、医薬品メーカーの幹部をホワ

    イトハウスに呼び、その会談の中で発せられたものです。「Japan has done o

    ver the years 」と言った表現だったようですが、中国が自国通貨を安くし、

    日本は何年もの間そうしたと批判しました。ドル円はこの発言を受けて、一時

    112円08銭まで急落しましたが、この水準はこれまでに4回試して跳ね返

    されたレベルです。昨日もこの水準では下げ止まり、112円台後半まで急速

    に反発しています。

    それにしても、トランプ大統領の放言は留まるところを知りません。

    今やこの過激な発言が世界中のリスクとなっており、2万100ドル台まで上

    昇したNYダウは1万9900ドルを割り込み、2.6%台まで上昇した長期

    金利も昨日は2.45%台まで低下して来ました。

    日経平均株価も、昨日は今回のトランプラリーで最大の下げを演じ、本日は1

    万9000円の大台を大きく下回ると予想しています。

    トランプ大統領は昨日、イスラム圏からの入国制限に対して批判的だったイエ

    ーツ司法長官代行を即刻解任しており、これも世界中から非難の声が上がって

    います。「白黒をはっきりさせる」これがトランプ流なのでしょうが・・・。

    ドル円は再び目先の下値のメドであり、サポートとなっている112円台前半

    まで売られて来ました。

    112円台半ばは1月中だけでも4回試して押し戻され、昨日はさらに下値ま

    で売られましたが、112円台は維持して戻ってきています。

    昨年12月には118円66銭までドル高が進みましたが、その原動力になっ

    たのは積極的な財政出動で、米金利が上昇し、日米金利差の拡大が想定された

    からでした。

    ところが今年に入り、トランプ氏が正式に大統領に就任するや、実行に移した

    ものは全て市場を混乱させるものばかりでした。

    就任後いまだに財政や景気や減税について具体的な言及はありません。

    投資家はさすがに、トランプ効果よりもリスクの方を意識し始めたという状況

    です。

    本日は東京時間でも下値を試す展開でしょう。

    重要なメドである112円台が維持できるかどうかですが、東京時間で割り込

    まなくても海外市場ではあるかもしれません。

    112円08銭まで急落した後、112円台後半まで戻すところを見ると、こ

    の近辺ではドル買い需要も見受けられます。このままNYの下値を試さずに1

    13円台を回復するのか、悪までもドルの底値を確認しに行くのか、今後の相

    場を占う上では重要な値位置になると言えます。

    予想レンジは112円~113円30銭程度でしょうか。


  • スポンサーサイト
    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。