月別アーカイブ

 2017年03月 

連銀総裁発言でドル円急反発 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • ドル円は上値の重い東京市場の流れを受けて111円69銭まで

    下落したが、サンフランシスコ連銀総裁の発言をきっかけに急速に

    値を戻す。112円90銭までドルが買い戻され、昨日の東京市場の高値を上回る。

  • ユーロドルも1.06台からユーロ売りが強まり、1.0572まで反落。

  • 株式市場は反落。12日連続で最高値を更新していたダウも、この日は

    25ドル下落。本日のトランプ大統領の演説を前に利益を確定する動きが

    出た格好。

  • 債券相場は続落。SFシスコ連銀の総裁が3月での利上げを「真剣に協議する」

    と発言したことで売りが優勢に。長期金利は2.39%台まで上昇。

  • 金と原油は小幅に反落。

  • 10-12月GDP(改定値)        → +1.9%

  • 12月ケース・シラ-住宅価格指数   → +5.58%

  • 2月シカゴ購買部協会景気指数     → 57.4

  • 2月消費者信頼感指数          → 114.8

    本日の注目イベント

  • 豪   豪10-12月期GDP

  • 中   中国 2月製造業PMI

  • 中   中国 2月サービス業PMI

  • 中   中国 2月財新製造業PMI

  • 独   独2月雇用統計

  • 独   独2月消費者物価指数(速報値)

  • 欧   ユーロ圏2月製造業PMI(改定値)

  • 英   英2月製造業PMI

  • 英  英1月消費者信用残高

  • 米   1月個人所得

  • 米   1月個人支出

  • 米   1月PCEコアデフレータ

  • 米   2月ISM製造業景況指数

  • 米   ベージュブック(地区連銀経済報告)

  • 加   カナダ中銀政策金利発表

    -                                    

    連日最高値を更新中だったNYダウは、ついに上昇にブレイキがかかり、

    13日連騰にはなりませんでした。

    市場は本日の11時に行われるトランプ大統領の演説待ちの状況でした

    が、3月のFOMCでの利上げ観測がやや高まり、株式市場へも影響を

    与えたようです。もっとも、ダウは12営業日連続で最高値を更新中で

    したが、このまま上昇し続けることはなく、どこで上昇が止まるかは時

    間の問題でした。問題は、このあと2万1000ドルに向かって上昇で

    きるかどうかです、

    NY連銀のダドリー総裁はCNNとのインタビューで、データの大半が

    トレンドを上回る経済成長と合致していると述べ「FOMC議事録の

    『かなり早期』は、比較的近い将来を意味する」と語っています。

    また、SFシスコ連銀のウィリアムズ総裁も「3月に開かれるFOMC

    で利上げが真剣に協議されると予想している」と述べており、さらに

    「利上げをしたとしても、引き続き米経済は健全なペースで成長してい

    くと私は確信している」と語っています。(ブルームバーグ)

    因みに、NY連銀総裁はFOMCでの投票権は持っていますが、SFシ

    スコ連銀総裁は持っていません。

    市場のコンセンサスは3月利上げはないとの見方ですが、昨日の経済指

    標を見ても、GDP改定値は予想の2.1%を下回り1.9%でしたが、

    速報値から横ばいでした。しかし、2月の消費者マインドは「114.

    8」と、こちらは2001年7月以来の高水準で、向こう6カ月の期待

    指数も「102.4」と高水準でした。さらに、シカゴ購買部協会景気

    指数も予想の「111.0」に対して「114.8」と大幅に予想を上

    回っていました。ダドリー総裁が述べた「データの大半がトレンドを上

    回る」ことを証明したような形になりました。

    3月利上げに関しては五分五分と見ていますが、ここにきて個人的には

    やや「利上げもあり得る」との方向に傾いています。

    ドル円は111円台半ばを何度も試しては押し戻されています。

    現時点では上値が重いことはわかっていても、111円台ではドル買い

    意欲も強いようで、ここを抜けるには強力な材料が必要です。

    本日のトランプ大統領の演説内容次第では、その可能性もありますが

    スパイサー大統領報道官は27日、トランプ大統領は税制と規制改革の

    詳細を含む法整備の課題を説明すると述べています。

    税制改革についてはすでに「驚くべき内容」と述べているだけに、普通

    の内容では「失望」につながってしまうおそれがあります。

    投資家の期待に応えられる内容なのかどうか、注目したいと思います。

    本日の予想レンジはややワイドに、111円20銭~113円70銭程

    度にしたいと思いますが、一方方向に動いた場合、これでもどちらにも

    抜ける可能性があるかもしれません。


  • スポンサーサイト
    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。