ドル円一時112円台半ばを割り込む 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場


  • ドル円は続落し、112円50銭を割り込む場面も。
    米金利の低下や、G20での保護貿易の高まりを抑える
    具体的な合意に至らなかったことが背景。

  • ユーロドルは小動き。1.07台半ばを中心に
    一進一退。

  • 株式市場は高安まちまち。ダウは8ドル下落したものの、
    ナスダックは小幅に上昇。金融株の下落が目立った。

  • 債券相場は反落。ミネアポリス連銀総裁の、米成長率が
    依然として遅すぎるとの発言が買い材料に。
    長期金利は2.46%台まで低下。

  • 金は続伸し、原油は続落。

本日の注目イベント

  • 豪  RBA議事録
  • 英  英2月物価統計
  • 英  英2月財政収支
  • 米  ジョージ・カンザスシティー連銀総裁講演
  • 米  クリーブランド連銀総裁講演
  • 加  カナダ1月小売売上高

ドル円はじりじりと値を下げ、3月1日以来の112円台半ばです。FOMCでは
予想通り利上げを行ったものの、市場で高まっていた年内4回利上げの見通しが、
イエレン議長の発言で水を差された格好となり、115円台からゆっくりとロングの
ポジションの解消が進んできたものと思われます。
ムニュ―チン財務長官のデビュー戦となった今回の「G20」でも、保護貿易の
高まりをとめることができず、共同声明でも「保護主義に対抗する」という従来の
文言がはずされました。

また、トランンプ大統領とメルケル首相の会談でも、移民問題では両者の溝は
埋まらず、日米トップ会談のような「蜜月」は見られませんでした。
トランプ大統領と欧州との「距離」が気になるところです。

ドル円は再び下値を試す展開になってきました。
今後再び下値の重要なサポートレベルと見られる111円50-70銭を
試しに行くのか、あるいはドルが底堅さを見せ、112円台から反発する
のか、見方が分かれるところです。

ポイントは米利上げが年内にあと何回見込めるかという点と、トランプ大統領の
経済政策の内容が重要だと思います。
FOMC後の記者会見でイエレン議長が「ハト派」的な発言をしたことで
年内4回という利上げ観測が急速に後退はしたものの、4回の可能性が全く
なくなったわけではありません。
事実イエレン議長は「利上げ回数が1回増えるか減るかしても、緩やかと言える」
と発言し、年4回の利上げの可能性を排除してはいません。
好調な米景気を基本とするならば、「年2-3回」よりも「年3-4回」の
可能性を支持したいと思います。

今週は木曜日にイエレン議長の講演が予定されています。
やや材料不足の感は否めませんが、ここからドルが買われるにしても
売られるにしても緩やかなものになろうかと思います。
引き続きユーロドルの動きにも注意したいと思います。
ECBがテーパリングを開始すれば、その後利上げに踏み切るのは
予想されるよりも早いとの見方があるようです。

本日のドル円は112-113円の程度を予想します。
チャートでは「1時間足」だけではなく、「日足」も雲を下抜けしており、
目先は上値が重い展開が想定されます。
下げても112円台を維持できるかどうかも焦点です。

スポンサーサイト
このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。