FC2ブログ

ドル円続落し111円台半ばに 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場


  • ドル円は約4カ月ぶりとなる111円55銭まで下落。
    トランプ政権の政策見通しが不透明なことを背景に、株価が
    急落。長期金利も低下したことでドル売りが強まった。

  • ユーロドルも1.0819近辺まで続伸し、1カ月半ぶりの
    ユーロ高を記録。フランス大統領選で極右のルペン氏の支持率が
    下がったこともユーロ買いにつながった。

  • 株価は大幅に続落。北朝鮮が核ミサイルプログラムを
    加速させるとの報道も嫌気されダウは237ドル安。昨年11月の
    大統領選後で最大の下落。

  • 債券相場は続伸。株価の大幅安から安全資産の債券に
    資金が向かった。長期金利は2.41%台まで低下。

  • ドルが売られたことで金は続伸。原油価格は米在庫増加の
    見通しから4日続落し47ドル台に。

本日の注目イベント

  • 日   2月貿易収支
  • 日   日銀金融政策決定会合、議事要旨(1月30日、31日分)
  • 米   1月FHFA住宅価格指数
  • 米   2月中古住宅販売件数

ドル円はNY市場で111円55銭まで売られ、再び重要なサポートレベルまで
下落して来ました。
決定的なドル売り材料があったわけでもなく、北朝鮮で核ミサイルの開発が
加速するとの報道はあったものの、結局はトランプ政権の財政面での刺激策が
行き詰まる可能性があるとの見方が広がったことが背景です。

好調だった株価も、昨日はダウが237ドル下げ、その他の主要株価指数も
大幅に下落しています。
昨日の下げは昨年11月のトランプラリーでは最大の下げになっています。
リスク資産の株が売られたことから円が買われ、ドル円はテクニカル上でも
重要な位置に来ています。

今年に入って何度も下値を試しましたが、111円50-70銭のレベルでは
全て跳ね返されていました。昨日のNYでも同じように111円55銭で
一旦は下げ止まっています。
ここには「日足」の120日線があり、この120日線を明確に下回れば、
ヘッジファンドなどが売りで攻めるとも言われています。

さらにこの近辺には「週足」の雲の上限もあります。
この上限を割り込んで雲の中に入ると、200日線が110円近辺にあることから
このレベルが再び次の重要なサポートになる可能性があります。
さすがに「週足」のこの雲は相当厚いため、この雲を下抜けするのは簡単では
ないと思われます。

本コメント執筆時にも111円43銭あたりまでドル安が進み、NY市場での
ドルの安値を下回って来ています。
NYダウが237ドル下げたことで、本日の日経平均株価も大幅な下げは
避けられない状況です。
1万9000円の大台を割りむとすれば、前日比で450円以上の下げになる
計算ですが、どうでしょうか。

下値のめどは111円ということになりそうですが、この欄でも何度も述べている
ように、ユーロドルも1.08台までドル安が進んでいます。
さらに上昇して、1.10を目指すようだと、ドル円も110円を目指すことになる
かもしれませんが、その水準はドルを一旦は拾ってもいい水準だと思います。
トランプ政権の良い部分だけが強調されて101円台から118円台まで
買われたドルでしたが、ここにきて、反対に悪い部分に焦点が当たってきた
印象です。
ただまだ判断を下す段階ではありません。
景気刺激策の規模については議会の議論を経る必要があり、ここを見極め
たいと思うからです。

本日のレンジは111円~112円程度と予想します。

スポンサーサイト
このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。