月別アーカイブ

 2017年04月 

クロス円大幅下落後反発 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • ドル円はジリジリと値を下げ、NYの朝方には110円27銭

    まで下落。そこからは株価や金利が上昇したことを受け反発。

    110円81銭近辺までドルが買われて引ける。

  • ユーロドルは小動き。米中首脳会談を控えて様子見ムードが

    広がり、1.06台半ばで推移。

  • 株式市場は揃って反発。原油価格の上昇が支えとなり、

    ダウは39ドル上昇。エネルギー株が買われる。

  • 債券相場は3日ぶりに反発。10年債利回りが年初来の低水準

    にいたことから買いが優勢に。長期金利は2.36%台へと上昇。

  • 金は続伸。原油価格は在庫が減少しているとの見方が強まり

    続伸。約1カ月ぶりに51ドル台に乗せる。


  •  2月貿易収支     →   -436億ドル

    本日の注目イベント

  • 欧   ユーロ圏3月総合PMI(改定値)

  • 欧   ユーロ圏3月サービス業PMI(改定値)

  • 英   英3月サービス業PMI

  • 米   3月ADP雇用者数

  • 米   3月ISM非製造業景況指数

  • 米   FOMC議事録(3月14、15日分)


    引き続き上値の重いドル円は欧州市場からNY市場の朝方の時間帯に110円

    27銭までドル安が進みましたが、そこをボトムに反発し、今回も今のところ

    110円割れは回避しています。株価の低迷と、長期金利の低下傾向が背景と

    なっており、そこに明日から始まる米中首脳会談の行方や、ロシアでのテロ、

    あるいはフランスの大統領選と、投資家はリスクをとることに慎重になり、身

    構えている状況です。

    昨日はそれでも株価も小幅ですが反発しています。

    2月の米貿易収支が436億ドルの赤字に縮小し、市場予想を50億ドル近く

    下回っていました。米中首脳会談を控えて、貿易赤字の拡大は、より会談を不

    透明にする材料と見られていただけに、やや安心感も出ているようです。

    昨日はクロス円の下落がドル円を押し下げた一面もあったようです。ユーロ円

    は約4カ月ぶりのユーロ安水準まで売られ、豪ドル円も83円台前半まで売ら

    れました。いずれもテクニカル上の重要なサポートを割り込んだことで、スト

    ップロスの売りや、一段の下落を見込んだ新規の売りが膨らんだものと見られ

    ます。クロス円の売りは、ドル円でのドル売り円買いという形で影響します。

    トランプ大統領は昨日ワシントンで会社経営者と会談し、中国との貿易につい

    て「われわれはもっとうまくやる必要がある」と述べたようです。

    もともと中国との交渉については「簡単ではない」と語っており、トランプ氏

    にとっても、今後政策を実施していく上での一つのハードルと言ってもいいと

    思います。北朝鮮問題がメインになるとは思いますが、中国に対する「為替操

    作国」問題がどのように扱われるのかに注目しています。

    本日はやや下値不安は後退していますが、だからと言って、それほど上値も期

    待できる状況ではありません。株価の戻りがあると思われますが、ドルが買わ

    れても111円台前半がいいところではないでしょうか。

    もし、それ以上にドルが上昇するとすれば、ADP雇用者数の上振れなどを材

    料に、海外市場で見られるかもしれません。111円05-10銭あたりが雲

    の入り口で、抵抗帯として意識されますが、一方で、111円30銭あたりを

    しっかりと抜ければ、短期的な「雲抜け」が完成し、上昇の余地はあります。

    本日は110円20銭~111円40銭程度を予想します。


  • スポンサーサイト
    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。