ドル円111円台で落ち着きを見せる 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • 東京タイムと同様に、米国のシリア攻撃のニュースに

    ドル円は110円台前半まで売られたが底堅く推移。

    株価も大崩せず、長期金利も上昇したことで111円台で

    取引を終える。

  • ユーロドルは続落。1.0581まで売られ、約一月ぶりの

    ユーロ安水準を記録。

  • 株式市場は朝方にはシリア情勢や雇用統計の結果を受け

    下げたものの、引け値ではほぼ変わらず。ダウは6ドルの下落に留まる。

  • 債券相場は緊張の高まりを背景に上昇したものの、後場には

    下げに転じる。長期金利は2.38%台へと小幅に上昇。

  • 金は続伸し、原油価格も中東情勢悪化を背景に買われ52ドル台に。


  • 3月失業率          →  4.5%

  • 3月非農業部門雇用者数 →  9.8万人

  • 3月平均時給         →  +0.2%

  • 2月消費者信用残高    →   152.06億ドル

    本日の注目イベント

  • 日   2月国際収支

  • 日  3月景気ウオッチャー調査

  • 米   3月労働市場情勢指数(LMCI)

  • 米   イエレン・FRB議長講演

  • 米   IMF、世界経済見通し公表

  • 加   カナダ3月住宅着工件数


    かなりの驚きでした。

    金曜日の朝方10時前、それまで111円手前で推移していたドル円が突然下落し

    110円14銭まで急落。すぐにその材料を探したところ、「米イラクを爆撃」と

    のニュースが流れていました。市場は米中首脳会談の行方を注目していただけに驚

    き、ドル売りで反応しました。

    ただ市場は比較的落ち着いた動きを見せ、NY市場でも110円台前半までドルが

    売られましたが、111円台に戻して越週しています。今回の米国の攻撃は、シリ

    アのアサド政権側の化学兵器による一般市民殺害に対するものでした。

    トランプ大統領は前日にも「一線をこえた」と語っており、何らかの行動に出るこ

    とを示唆していましたが、米中首脳会談の最中だったという点では驚きでした。

    今回の行動は中国にも早期に行動するように求めた面もありますが、同時に北朝鮮

    に対しても、これ以上挑発を続ければ行動を起こす可能性があることを示したもの

    と理解できます。地政学的リスクが高まり、円が買われ易い状況が続きそうですが、

    110円台前半では判で押したように反発しています。

    この水準は、日足ベースで見ても既に5回も試していますが、押し戻されており、

    「相当しっかりしたサポートレベル」と見られます。もちろん、だからと言って抜

    けないわけではありませんが、市場参加者の多くが110円台前半で買って、11

    1円台前半では決済することを繰り返していると言えます。

    米国のシリアへの攻撃でやや存在感が薄れましたが、3月の雇用統計もやや驚きで

    した。失業率は4.5%で、予想を2ポイント下回り、約10年ぶりの水準でした。

    一方非農業部門雇用者数は、市場予想の18万人を大きく下回る9.8万人でした。

    これは米北東部の大雪の影響によるものとの見方もありますが、好調な米労働市場

    に減速の兆候が出てきたといった見方も出来、もう数ヶ月の数値を確認しなければ

    なりません。

    ドル円は110-112円の狭いレンジ内で推移しそうですが、その中でも下値を

    試す可能性の方が高そうな気配になっていると思われます。

    シリアの報復にも注意が必要ですが、米海軍のカール・ビンソンや誘導ミサイル駆

    逐艦、巡洋艦など、当初オーストラリアに向かう予定だった空母打撃郡は朝鮮半島

    に向かっているとの報道です。

    これに対して北朝鮮がさらに挑発を続けるようだと、一触即発という状況になり、

    朝鮮半島での地政学的リスクが一挙に高まることにもなります。

    週明けのドル円は111円台前半で推移しており、特に異常な動きは見せていませ

    ん。本日の予想レンジは110-111円50銭程度と見ますが、上述のように、

    突発的なニュースがいつ飛び込んで来るのか分かりません。

    ポジションの保有は慎重に行ってください。


  • スポンサーサイト
    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。