月別アーカイブ

 2017年04月 

ドル円110円を割り込む 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • ドル円はこれまでサポートされてきた110円台前半を

    割り込むと一気に109円80銭あたりまで下落。北朝鮮問題

    など、地政学的リスクが高まり、円が全面高に。引けにかけては

    109円台半ばまで円高が進む。

  • ユーロドルでもユーロ高が進んだが上値は限定的。その後

    ユーロ円の売りも出て、1.06近辺で推移。

  • 株式市場は朝方には大幅に下落したものの、大引けでは小幅

    安で終わりダウは6ドル安。一方で「VIX指数」は急上昇。

  • 安全資産の債券は続伸。トランプ大統領が北朝鮮に対しても

    強硬姿勢を見せたことから買いが優勢に。長期金利は2.29%台

    へと急低下。

  • 地政学的リスクの高まりから金は20ドルを超える大幅高に。

    原油価格も32セント高と続伸。

    本日の注目イベント

  • 中   中国 3月消費者物価指数

  • 中   中国 3月生産者物価指数

  • 英   英3月雇用統計

  • 米   3月財政収支

  • 加   カナダ中銀政策金利発表

    昨日この欄でも懸念したように、ドル円は110円の大台を割り込み、

    大きく円高方向にシフトしました。

    シリア情勢に加えて、北朝鮮に対しても米国が軍事行動に出る可能性

    が高まったことで、安全通貨の円が全面高の様相です。

    ドルの代替資産としての役割がある金も20ドルを超える上昇を見せ、

    安全資産の国債も買われ、長期金利は2.3%の節目を割り込んで来

    ました。投資家は急速にリスクを回避する行動に出ています。

    トランプ大統領はツイッターで「中国が協力しないのなら、われわれ

    だけで問題を解決する」と述べ、単独でも行動する姿勢を示していま

    す。一方北朝鮮は昨日、最高人民会議を開催し、「核強国、軍事強国

    としての威力を強化する」との方針を示しており、朝鮮半島での緊張

    が一段と高まって来ました。

    米中首脳会談の最中でも、シリアへの攻撃命令を出すなど、トランプ

    大統領はいい悪いは別にしても、われわれが想像するよりも強硬で、

    決断力があるのかもしれません。

    米国が軍事行動に出るのかどうかも重要ですが、同時に中国が北朝鮮

    に対してどのような行動を示すのか、あるいはロシアの出方にも注目

    が集まります。

    ドル円は5カ月ぶりに109円台まで円高が進んで来ました。朝方も

    109円54銭まで円が買われ、ユーロ円も116円台前半まで下げ、

    豪ドル円も82円目前まで下げています。

    円が全面高の展開になっていますが、今回の緊張の高まりは朝鮮半島

    での有事の可能性が震源地です。

    万が一米国の攻撃に対して北朝鮮も反撃するようだと、日本もその対

    象国になることも想定され、果たして円を買っていていいのかという

    疑問も出てきます。

    これまでの有事は、中東だったり、クリミア半島だったり、日本から

    は相当距離を置いての緊張でした。

    もし軍事行動が開始された場合には、このあたりのことも頭に入れて

    おきたいと思います。

    本日は神経質な動きが予想されます。

    NY株式市場は結局小幅安で引けていますが、恐怖指数と呼ばれる

    「VIX指数」は15まで急上昇しており、本日の日本株も、どこま

    で下げるのかというのが焦点です。下値のメドは109円近辺ですが、

    これも今後の米国の行動次第です。

    予想レンジは109円~110円30銭程度と見ますが、市場が落ち

    着いた動きを見せるようだと、110円台への回復もあるかもしれま

    せんが、その場合でも

    これまでのサポートであった110円10-20銭あたりが、今度は

    レジスタンスとして機能することも想定されます。


  • スポンサーサイト
    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。