ドル円トランプ発言で108円台に 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場


  • ドル円は一段と下落し、一時108円96銭まで円高が進む。
    トランプ氏がWSJ紙とのインタビューで、「ドルは強すぎる」と発言
    したことが伝わるとドルは109円台後半から急落。

  • ユーロドルは反発。1.05台では底堅く推移し、トランプ氏の発言で
    1.0675までユーロ高が進行。

  • 地政学的リスクを背景に株式市場は揃って続落。ダウは59ドル下げ、
    2万600ドルを割り込む。

  • 債券相場は続伸。トランプ氏の「低金利が望ましい」との発言に
    反応して買われる。長期金利は2.23%台へとさらに低下。

  • 金は続伸。原油は8営業日ぶりに反落。

  • 3月財政収支 → -1762億ドル

本日の注目イベント

  • 豪   豪3月雇用統計
  • 中   中国 3月貿易統計
  • 米   3月生産者物価指数
  • 米   新規失業保険申請件数
  • 米   4月ミシガン大学消費者マインド(速報値)

米国による北朝鮮への「攻撃」の可能性が高まり、地政学的リスクの上昇を背景に円が買われる展開が続いていますが、それに加え昨日はトランプ大統領による「口撃」に一段と円高が進み、108円台に入って来ました。

昨日の東京時間にドル円は、一時109円35銭まで売られる場面はあったものの、その後は株価の大幅下落の割には底堅く、NY市場では109円台後半まで反発しましたが、トランプ氏のウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)紙とのインタビューが伝えられるとドル円は急落し、108円台後半まで円高が進んで来ました。

トランプ大統領は「ドルは強くなりすぎていると思う。これはある程度私のせいでもある。人々が私を信頼しているためだ。しかし、これは痛手となっている。最終的に痛手となる」と語っています。支持率が40%を切る中で、「トランプ氏への信頼」と述べることは、やや滑稽にも聞こえますが、市場は素直にドル売りで反応しています。トランプ氏はさらに「中国は為替操作国ではない」とも発言し、「ドルが強く、他国が自国通貨を切り下げている状況で競争するのは極めて難しい」とも述べています。
また、イエレンFRB議長の再指名に含みを持たせるとともに、「低金利政策が望ましい」と語っています。(ブルームバーグ)同氏は、昨年の大統領選の最中から、「大統領に就任したら、その日に中国を為替操作国に認定する」と豪語し、イエレン議長も「交代させる」と言い放っていました。米国の大統領ともあろう人が、こうも軽々と自分の信念を変えるのはいかがなものかと言いたくなりますが、それで市場が動いたのも事実です。

ドル円は早朝に108円92銭までドル安が進み、昨日も述べましたが、いよいよ200日線のある108円62銭近辺が意識される展開になって来ました。日足で200日線を下回るようなことがあれば、昨年11月10日以来ということになり、あの大統領選の翌日以来ということになります。そのような状況になると、市場参加者の相場観もさらに下落を予想するようになり、105円と言う数字が聞こえてくることになります。

市場を取り巻く環境が「円買い一辺倒」に傾きつつある中、忘れてはならないのは米景気の好調さです。年内さらに2回の利上げの可能性も消えたわけではありません。目先円が買われ易い状況であることは事実ですが、このような時こそ冷静に状況を見極める必要があります。本日も円高を理由に日本株は軟調でしょう。既に年初来安値を更新していますが、本日も売り先行で始まると思われ、株価反発のきっかけは見つかりません。結局、NY株式市場が反発するのを待つしかないようです。
予想レンジは108円50銭~109円80銭程度と見ています。

スポンサーサイト
このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。