月別アーカイブ

 2017年05月 

仏大統領選はマクロン氏勝利 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場


  • 4月の雇用統計では、非農業部門雇用者数が予想を
    超えており、失業率も4.4%と、10年ぶりの低水準だった
    ことからドル円は112円82銭まで上昇。株価の上昇もあり、
    リスクオンが強まった割には上値の重い展開だった。

  • ユーロドルは続伸し、1.1に迫る水準までユーロ買いが進む。
    フランス大統領選への安心感もあり、ユーロを買う動きが優勢に。

  • 株式市場は反発。雇用統計がまずまずの結果だったことや、
    好業績の銘柄を中心に買われた。ダウは55ドル上昇し、約2カ月ぶりに
    2万1000ドルの大台を回復。ナスダックも上昇し、最高値を更新。

  • 債券相場はほぼ変わらず。雇用統計を受けて一時下落したものの、
    その後下げを埋め、長期金利は2.34%台で取引を終える。

  • 金は小幅に続落し、原油は反発。

  • 米  4月非農業部門雇用者数   →  21.1万人

  • 米   4月失業率            →  4.4%

  • 米   4月平均時給(前月比)     →  0.3%

本日の注目イベント

  • 豪   豪3月住宅建設許可
  • 中   中国 4月貿易統計
  • 加   カナダ4月住宅着工件数

どうやら「Frexit」は回避できたようです。注目のフランス大統領決戦投票では、事前予想通りマクロン候補が圧勝しました。これで、昨年イギリスのEU離脱以降続いていたポピュリズムの勢いは阻止された格好になりました。マクロン氏の勝利を受けて早朝のオセアニア市場でユーロドルは1.1020辺りまで急伸し、ドル円も113円台まで買われる場面もありました。

もっとも、ドル円はGW期間中にも113円台まで買われ、4月の108円台前半の底値からは、ちょうど5円ほどドル高円安が進んだことになります。113円台に乗せた直接の要因は、先週4日のFOMC声明文でした。事前予想通り政策金利の引き上げはありませんでしたが、声明文が米景気の先行きに強気の内容だったことが想定外でした。

米国の1-3月期のGDPは市場予想を下回る0.7%で、前期の2.1%からは大きく減速していました。またそれ以外にもISM製造業など多くの経済指標が予想を下回る結果となり、「米景気はピークアウトした」といった声も聞かれました。そんな懸念を払拭するように声明文では「1-3月の減速は一時的な可能性が高い」と記されていたことで、FRBは景気の先行きに自信を持っているとの印象を市場に与え、「年内あと2回の利上げは確実」との見方が広がり、ドル円を113円台に押し上げました。

実際に、金利先物市場の想定する6月の利上げ確率は、それまでの70%弱から、今朝の段階では100%にまで上昇しており、市場が6月利上げは『確実』と見ていることが分かります。北朝鮮問題やフランス大統領選など投資家にとって不透明な状況が続いていましたが、北朝鮮問題では軍事衝突を回避し、外交による解決の道もわずかですが、出てきています。EUの崩壊も現実的ではなくなってきました。市場は再び米国の景気やトランプ政権の税制改革、あるいはその先にある利上げ回数に注目してくると思われます。

北朝鮮問題は依然として状況は大きく変わっていないものの、雇用統計とフランス大統領選を終え、今週はやや材料不足の感は否めません。10日に韓国の大統領選がありますが、こちらはそれほど市場に影響を与えるとも思えません。そうなると引き続き、トランプ政権の次の一手と、北朝鮮の動向を注視することになります。

個人的にはFOMC声明文で記された米景気の減速が本当に一時的なものなのかどうかを、5-6月の経済データで確認していく必要があろうかと思っています。本日はGW明けの日本株がポイントになりそうです。200―300円程度上昇すると見ていますが、予想以上に買われると、ドル円も再び113円台に乗せてくるかもしれません。さすがに113円台では上値の伸びは、東京時間では限定的と予想します。レンジは112円30銭~113円30銭程度を見ています。

スポンサーサイト
このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。