ドル円111円台後半まで反発 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • 東京市場では110円台半ばが底堅かったものの、欧州市場

    では110円24銭までドル安が進む。NY市場に入ると、良好な経済指標

    が支援材料となり、111円74銭までドルが反発し、111円台半ばで

    取引を終える。

  • ユーロドルは1.1138まで買われたものの、ドルが上昇した

    ことで、1.11台を割り込む。

  • 株式市場は反発。政治的リスクは存在するものの、フィラデルフィア連銀

    製造業景況指数などの経済データが上振れしたことで下値不安が後退。

    ダウは一時150ドルを超えたものの、引け値では56ドル高。

  • 債券相場は上昇したものの引けでは小幅安。長期金利もほぼ変わらずの

    2.22%台に。

  • 金は反落し、原油は小幅高。


  • 新規失業保険申請件数        → 23.2万件

  • 5月フィラデルフィア連銀景況指数  → 38.8

  • 4月景気先行指標総合指数      → 0.3%

    本日の注目イベント

  • 独   独4月生産者物価指数

  • 欧   ユーロ圏5月消費者信頼感(速報値)

  • 米   ブラード・セントルイス連銀総裁講演

  • 加   カナダ4月消費者物価指数

  • 加   カナダ3月小売売上高

    前日、NYダウが372ドル下落という大幅安に終わったことから、昨日は日経平均

    がどこまで下げるのかに注目していました。

    ザラ場では300円を大きく上回る下げを見せたものの、引け値では前日比261円

    安と、比較的軽めの下げで取引を終えました。そのこともあり、ドル円は110円台

    半ばを試したものの底堅く、株価が下落幅を縮めると、111円台前半までドルが買

    われる場面もありました。

    しかし欧州市場に入ると、トランプ大統領の「弾劾」や「辞任」が意識され、再びド

    ル売りが強まり、110円24円銭近辺までドル安が進みましたが、NYではフィラデ

    ルフィア連銀製造業景況指数が「18.5」の予想に対して、「38.8」と大きく

    上振れたことからドル買いが強まり、111円74銭まで上昇する荒っぽい動きでし

    た。またクリーブランド連銀のメスター総裁が、金融緩和縮小に触れたこともドルの

    支援材料になったようです。

    政権の維持そのものが不透明になってきたトランプ大統領はツイッターで「史上最大

    の魔女狩りだ」とつぶやくと同時に、声明では「何回も述べたように、私の陣営と外

    国機関による共謀はなかったという既知の事実が、徹底的な捜査によって確認される

    だろう」と述べています。米司法省は、この捜査を監督する特別検査官にミューラー

    元FBI長官を任命しています。(ブルームバーグ)

    ドル円は110円割れをひとまず回避できたことで、110-115円のレンジもし

    くは、110-113円のレンジが形成されると予想しています。昨日発表された失

    業保険申請件数も良好でしたが、まだ全体的には良い指標と悪い指標が混在している

    状況です。引き続き今後の経済データを確認していく必要がありますが、トランプ政

    権に大きな衝撃がなければ6月利上げは動かないと思われ、注意すべきは利上げ後の

    「次の利上げのタイミング」です。今年3回目の利上げが9月と見込まれるようだと、

    ドル高材料になることも予想されます。

    111円74銭まで反発したドル円は、「1時間足」の雲の入り口で上昇を抑えられ

    た形になっています。

    本日の日本株が堅調な動きを見せるようだと、再び111円70-80銭レベルを試

    す可能性があります。

    その雲を上抜けするには112円台にしっかりと乗せる必要がありますが、昨日11

    0円台の前半を試した後だけに、一気に112円台回復は簡単ではないと思われます。

    予想レンジは110円90銭-112円程度でしょうか。

    引き続き「トランプリスク」が強まるのか、弱まるのかを意識しながらのトレードに

    なります。


  • スポンサーサイト
    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。