FC2ブログ

ユーロドル、メルケル発言を受け1.12台半ばへ 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • ドル円は小動きに終始。上値は重く、111円40銭で抑えられたが、

    下値も111円割れがあったものの限定的。

  • ユーロドルは続伸し、連日で高値を切り上げる。

    メルケル独首相がユーロは弱すぎると発言したことも

    ユーロ買いにつながり、1.1264までユーロ高が進む。

  • 株式市場は3日続伸。サウジと米企業が投資合意に達した

    ことや、原油価格が1カ月ぶりに高値を記録したことが背景。

    ダウは87ドル上昇し、先週の大幅安の9割程度を埋める。

  • 債券相場はやや軟調となり続落。値動きも小幅なレンジで推移し、

    長期金利はやや上昇し、2.25%台で引ける。

  • 金は続伸。原油価格は9カ月の減産延長観測から続伸。

    本日の注目イベント

  • 独   独5月製造業PMI(速報値)

  • 独   独5月サービス業PMI(速報値)

  • 独   独1-3月期GDP(改定値)

  • 独   独5月ifo景況感指数

  • 欧   ユーロ圏5月総合PMI(速報値)

  • 欧   ユーロ圏5月製造業PMI(速報値)

  • 欧   ユーロ圏5月サービス業PMI(速報値)

  • 英  英4月財政収支

  • 米   4月新築住宅販売件数

  • 米   下院歳入委員会、税制改革で公聴会

  • 米   予算教書発表

  • 米   5月リッチモンド連銀製造業指数

  • 米   エバンス・シカゴ連銀総裁講演

  • 米   ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁講演

  • 米   カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁講演

    ユーロドルが1.1264まで上昇し、半年ぶりの高値をつけました。

    金融緩和縮小が予想される中、昨日はドイツのメルケル首相が「ユーロは

    弱すぎる。これはECBの政策が理由だ。これによってドイツ製品が相対

    的に安くなっている。従って、ドイツ製品はよく売れている」と述べたこ

    とが上昇に弾みを付けました。

    メルケル首相はユーロ安が同国の貿易収支を黒字にしている一因だと指摘

    しました。また、フランスとの関係については「政権の成功に向けて支援

    しなければならない」とも語っており、さらにフランスに対する貿易黒字

    を減らす方法について「フォルクスワーゲンではなく、ルノーを買うよう

    国民に強制することはできない」とも語っています。(ブルーバーグ)

    この認識はブンデスバンク(ドイツ連銀)と足並みを揃えており、ECB

    のドラギ総裁にもじわじわと政策変更を促す圧力となっています。

    ドル円はやや上値を切り下げています。

    トランプ大統領の「ロシアゲート」問題が不透明な上、北朝鮮との緊張も

    依然として高まったままです。

    加えて、このところのユーロ高による影響もあるもしれません。

    ユーロドルの上昇は、「ドル売り・ユーロ買い」であることから、ドル円

    でも「ドル売り・円買い」につながり易いという状況になります。

    ユーロドルだけ上昇し、ドル円が動かないとすると、ユーロ円が大きく上

    昇することになります。

    このようにドル円の上値は重くなっていますが、現時点では下値のほうも

    限定的です。先週大幅な下落を見せた株価がその後安定していることと、

    堅調な原油価格が相場を支えている形です。

    WTI原油価格は4日続伸し、51ドルに迫る水準まで買われています。

    25日からウイーンで始まるOPEC総会を前に昨日サウジアラビアが、

    減産に参加している全産油国が2018年第1四半期末までの減産延長

    で合意したと発表したことで、供給過剰シナリオの修正に向けて減産が

    何らかの影響を及ぼすとの楽観的な見方が強まったことが相場を押し上

    げました。

    米長期金利が低位安定していることもドル円の上値を抑えていますが、

    この背景も上述のように、トランプリスクと北朝鮮リスクを意識したも

    のです。従って、短期的なドル円の動きはやや下値目線で見て置くほう

    がよさそうな気がします。

    メドとしては、110円台半ばから、先週記録した110円24銭辺り

    が意識されます。

    大きくは110円という大台が維持できるかどうかでしょう。

    本日の予想レンジは110円50銭~111円50銭程度と見ます。


  • スポンサーサイト
    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。