FC2ブログ

ドル円「トランプリスク」拡大で再び109円台に 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • ドル円は109円台後半から110円台を回復したものの、米政権

    への不透明感から再び109円台半ばまで売られる。NYダウが大きく

    下げ、長期金利も低下したことで円買いが強まった。

  • ユーロドルはECB議事録でユーロ高を懸念する議論があったことが

    明らかになり、1.1682まで下落。

  • 株式市場は3日ぶりに大幅下落。トランプ氏への批判の声が強まり、

    コーン国家経済会議委員長辞任の憶測も広がった。スペインでのテロも

    材料となり、ダウは274ドル下げ、他の主要指標も大幅に下落。

  • 債券相場は上昇。バルセロナで起きたテロ事件や、株価の大幅下落、

    トランプ氏の政権運営に対する懸念などを手掛かりに買われる。

    長期金利は2.18%台まで低下。

  • ドルが下落したことで金は10ドル近く上昇。原油価格も小幅に反発。


  • 新規失業保険申請件数          →  23.2万件

  • 8月フィラデルフィア連銀景況指数   →  18.9

  • 7月鉱工業生産              →  +0.2%

  • 7月設備稼働率              →  76.7%

  • 7月景気先行総合指数          →  0.3%

    本日の注目イベント

  • 中   中国 7月新築住宅価格

  • 独   独7月生産者物価指数

  • 米   8月ミシガン大学消費者マインド(速報値)

  • 米   カプラン・ダラス連銀総裁講演

  • 加   カナダ7月消費者物価指数

    昨日この欄で述べましたが、市場は「トランプリスク」に敏感になっているよう

    です。昨日の東京時間では、109円65銭前後まで売られたドル円でしたが、

    そこから緩やかに切り返し、NYでは110円27銭までドル高が進んだものの、

    トランプ氏の政権運営が一段と不透明になったことで、ドル売りが進み、再び1

    09円台半ばまでドル安が進行しています。

    スペインのバルセロナでテロが起き、13人が死亡しました。過激派組織イスラ

    ム国(IS)は犯行声明を出しています。ただ昨日のリスク回避の動きのメイン

    は、トランプ大統領の言動が尾を引いたものでした。

    白人至上主義団体と反対派の衝突を巡って発せられたトランプ氏の「双方に非が

    ある」との発言に対する批判の声が米軍部のトップからもあがり、異例の事態に

    なっています。

    産業界首脳との戦略・政策評議会も主要メンバーが脱退したことで解散し、昨日

    は次期FRBの最有力候補であるコーン国家経済会議(NEC)委員長が辞任す

    るとの憶測も広がりました。ホワイトハウスは、委員長は同役職に留まる意向だ

    と辞任を否定しましたが、今朝の報道にあるように、トランプ氏は正に「四面楚

    歌」の状況です。しかもこの状態は自らが種をまいており、批判に対しても強気

    な発言を繰り返しており、とどまる気配はありません。

    北朝鮮リスクよりも「トランプリスク」の方がより意識されるようになったとも

    言えます。

    ドル円は徐々に上値を切り下げながら、今朝は109円36銭辺りまで売られて

    来ました。今朝は再び108円台が意識される展開になりそうです。

    これまでも、買われすぎているといったコメントを書いてきましたが、NY株式

    市場が本格的な調整局面に入る可能性も出てきました。ダウは昨日274ドル下

    げ、約3カ月ぶりの下げ幅です。2万2000ドル台に乗せると売られる展開が

    続いているように見えます。

    ユーロドルの上値も徐々に重くなってきた印象です。昨日、先月19―20日に

    開催されたECBの議事録が公表されました。その中で、「これまでのユーロ上

    昇には、他国・地域と比較したユーロ圏の相対的ファンダメンタルズに変化が生

    じたことも反映された可能性が指摘された一方で、将来為替レートがオーバーシ

    ュートするリスクへの懸念も示された」と記されていました。

    この内容が伝わるとユーロドルは欧州時間に、1.1662まで売られました。

    それでも1.16台半ばから後半にかけては、かなり強いサポートゾーンになっ

    ていると見られ、再び1.17台前半まで反発しています。

    来週には米国ジャクソンホールで恒例のシンポジュームが開催され、ここでドラ

    ギECB総裁がどのような発言をするのか注目されています。もっとも、同総裁

    は先月「量的緩和縮小の議論は秋に始める」と述べており、ジャクソンホールで

    の講演が「無風」に終わることも考えられます。

    特段のコメントがない限り、1.16~1.1950程度で推移すると予想して

    います。
    今日は、NY株が大きく下げたことで、主体性のない日本株も「右へならえ」と

    いったところでしょう。

    どこまで下げるのか注目ですが、300円以上下げるようだと、ドル円も108

    円台に突入する可能性があります。

    予想レンジは108円70銭~109円70銭程度とします。


  • スポンサーサイト



    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。