北朝鮮の核実験でドル円窓を開けて始まる 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • 8月の雇用統計では非農業部門雇用者数が市場予想を

    下回りドル売りが先行。ドル円は109円56銭まで売られたが、

    その後発表されたISM製造業指数が予想を大きく超えていた

    ことでドルが買われ110円台半ばまで上昇。

  • ユーロドルは1.19を挟みもみ合い。雇用統計発表直後

    1.1980まで買われたものの、その後はじり安。

  • 株式市場は製造業指数や消費者マインドなどを好感し続伸。

    ダウは一時2万2000ドルを回復する場面もあったが続かず、

    結局39ドル高で取引を終える。

  • 債券相場は反落。ISM製造業景況指数が予想を上回ったこと

    で売りが優勢に。長期金利は2.16%台へと上昇。

  • 金は続伸し10カ月ぶりに1330ドル台に。原油も小幅に続伸。


  • 8月失業率           →  4.4%

  • 8月非農業部門雇用者数  →  15.6万人

  • 8月平均時給 (前月比)   →  +0.1%

  • 8月平均時給 (前年比)   →  +2.5%

  • 8月労働参加率        →  62.9%

  • 米   8月ISM製造業景況指数           →  58.8

  • 米   8月ミシガン大学消費者マインド(確定値) →  96.8 

  • 米   8月自動車販売台数              →  1,603万台(年換算)

    本日の注目イベント

  • 日   8月マネタリーベース

  • 中   BRICS首脳会議(アモイ)

  • 欧   ユーロ圏7月生産者物価指数

  • 米 株式、債券市場休場(レイバーデー)                                   

    先週金曜日のコメントで、北朝鮮は週末を挟んでミサイルを発射する傾向があり、

    来週の月曜日まで『要注意日』ですと書きましたが、今回はミサイルではなく一

    段の脅威をもたらす核実験を強行しました。為替市場では早朝から先週と同じよ

    うに、先週末のNY市場では110円台前半でクローズしたものが、「窓」を開

    けて取引きが始まり、一時は109円20銭台まで円買いが進みました。

    それにしても北朝鮮の挑発行為は一向に止むどころか、エスカレートしています。

    いくら安保理で経済制裁を決議しても、この状況では挑発行為をやめる可能性は

    ないものと思われます。日韓だけではなく、今や米国にも弾道ミサイルが飛んで

    くる可能性も出ており、トランプ大統領がどのような対応をみせるのか、さらに

    注目が集まります。米国の言う、「レッドライン」は既に超えていると見られ、

    軍事的行動を起こす大義名分も揃ってきたように思えます。

    ただ韓国は今回の行動に強い非難をしているものの、一貫して軍事的衝突は避け

    たいとの意向を維持しており、武力による制裁は米国一国だけの意向で実施する

    のは難しい状況です。北朝鮮も、この辺りの状況を承知の上で挑発行為を続けて

    いるとも見られます。

    先週末の雇用統計は懸念したように、ADP雇用者数が大きく上振れしたことと

    は反対に予想を下回る結果でした。予想の18万人に対して15.6万人で、さ

    らに7月分も20万9千人から18万9千人に下方修正されています。もっとも

    FRBはこの程度では労働市場が減速したとは見ておらず、10万人以上の増

    加が続けば「巡航速度」と考えているようです。

    むしろその後に発表された8月のISM製造業景況指数が「58.8」だったこ

    とがややサプライズでした。前月の「56.3」から大きく伸び、6年ぶりの高

    水準です。またミシガン大学消費者マインドも確定値が「96.8」と、速報値

    よりも下方修正br>されたものの、3カ月ぶりの高水準を記録しています。

    米経済データは強弱まちまちの状況が続いており、利上げ観測の点からも

    利上げ見送りを決定づけるほど弱くもなく、かといって、利上げ観測が高まる

    こともなく、投資家にとって「悩ましい」状況だと言えます。

    本日も神経質な動きが想定されます。

    市場も北朝鮮からの「脅し」にも慣れてきており、そう簡単にパニックにはなり

    ません。やはり米国の対応が焦点になります。

    米国時間になって、どのようなコメントや動きがあるのか。

    米国債が買われ、金利が低下するようだとドル円も109円を試す軌道に入るか

    も知れませんが、本日の米債券市場は休みです。

    本日のレンジは109円~110円30銭程度とします。


  • スポンサーサイト
    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。