月別アーカイブ

 2017年09月 

ドル円窓を開けて取引始まる 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • ドル円は北朝鮮のリスクとハリケーン「イルマ」を警戒

    したドル売りが優勢となり、107円32銭まで円高が進む。

    その後レベル感からのドル買いも出て、107円70-80銭で

    越週。

  • ユーロドルでもドル安が進み、終始1.20台で推移。

    一時は1.2067までユーロ高が進み、直近の高値に並ぶ。

  • 株式市場は北朝鮮とハリケーンに対する警戒感から

    まちまち。ダウは13ドル上昇したものの、ナスダックは37

    ポイント下落。

  • 債券は朝方には売られたものの、下げ幅を縮小し、

    小幅安で取引を終える。長期金利は2.05%台に上昇。

  • 金は小幅に続伸し、原油は続落。


  • 7月消費者信用残高   →  184.99億ドル

    本日の注目イベント


    先週9日の土曜日は北朝鮮の建国記念日にあたることから、大陸間弾道ミサイルや

    核実験など、さらなる挑発行為があるのではないかとの見方が強く、ドル円は10

    8円を割り込み、NY市場では107円32銭まで一気にドル安が進みました。

    週明け早朝の時点では特に挑発行為はなかったことで、ドル円は大きく窓を開け

    108円台前半で取引が始まっています。

    ただ、米国が北朝鮮への原油や石油製品、天然ガスなどの禁輸を含む経済制裁を国

    連安保理に提出しており、この決議案が本日11日に採決するかどうかで、北朝鮮

    の出方も変わってくるものと見られ、まだ緊張は続いています。

    ドル円は今朝の早い時間には108円40銭前後まで上昇していました。

    大型ハリケーン「イルマ」がフロリダ半島に上陸したものの、「カテゴリー4」と、

    勢力をやや弱めていることや、北朝鮮が先週土曜日から挑発行為を封印し、国連

    安保理の結果を注視していると見られることで、ややリスクが後退しています。

    それでも自国を「原子爆弾、水素爆弾にICBMまで保有する核強国に上り詰めた

    」と自賛し、「米国が敵視政策を続ける限り、わが方からの贈り物を引き続き受け

    取ることになる」と、国営放送が伝えるなど、挑戦的な言葉を駆使しています。

    安保理での結果次第ではさらなる挑発行為の発生があるかもしれません。

    先週末のドル円は節目の108円を割り込むと下落が加速し、107円80銭前後

    まで簡単に下げ、その後はもみ合いながら下値を徐々に切り下げる展開でした。

    NYでは107円32銭までドル安が進み、昨年11月の米大統領選直後の円高水

    準を記録しました。本邦輸出企業の平均設定レートが108円程度と言われており、

    このまま円高が続けば輸出企業の業績にも悪影響を与えることになり、株価の下落

    要因にもなります。輸入企業にとっては予想よりも円高水準でドルを手当て出来る

    メリットがありますが、企業全体で見ると、円高には弱いのが実態です。

    今朝のドル円は戻り基調にはありますが、上値は限られそうです。

    安保理の制裁決議案の結果次第ということになりますが、チャートで見た

    上値のメドは108円60-75銭辺りの「雲」ということになりそうです。

    仮に制裁決議案が通らなかった場合にはドルの買戻しが活発化し、109円台に

    乗せることがあるかもしれませんが、それでも朝鮮半島のリスクは完全には

    払拭できません。

    スイスが仲介に入り、米朝の劇的な交渉の場でも用意されない限り、まだ安心は

    できません。

    NY連銀のダドリー総裁は講演で、ハリケーンの影響を考え「次回の利上げが行

    われる時期を判断するのはまだ早いが、短期金利がいずれ徐々に上昇する道筋が

    今も整っている」と述べ、前回の講演で「年内3度目の利上げを支持する」とし

    たコメントからはトーンダウンしています。

    ハリケーン「イルマ」の被害額は21兆円にものぼるという見方もあるようです。

    本日はNYでの国連安保理の動向も考慮し、107円30銭~108円80銭程

    度を予想します。


  • スポンサーサイト
    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。