FC2ブログ

月別アーカイブ

 2017年11月 

ドル円雇用統計を受け乱高下 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • ドル円は10月雇用統計を受け、一旦下落したものの、

    ISM非製造業景況指数が良かったことで114円43銭まで

    ドル高が進む。その後はもみ合いとなり114円10-20銭

    で越週。

  • ユーロドルは1.16前後まで売られたものの、切り返し

    1.1691まで上昇。

  • 株式市場は続伸。アップルの好決算やISM非製造業景況指数を

    受けダウは22ドル高。他の2主要指数も揃って最高値を更新。

  • 債券相場は雇用統計を受け乱高下したが、結局前日と変わらず。

  • 金は下落。原油価格は米国のリグ稼動数が減少したことを材料に

    買われ、約2年4カ月ぶりとなる55ドル70セント台まで上昇。


  • 10月失業率              → 4.1%

  • 10月非農業部門雇用者数   →  26.1万人

  • 10月平均時給 (前月比)     →  0.0%

  • 10月平均時給 (前年比)     →  2.4%

  • 10月労働参加率          →  62.7

  • 10月ISM非製造業景況指数  → 60.1

  • 9月貿易収支            → -435億ドル

  • 9月耐久財受注           → 2.0% 

    本日の注目イベント

  • 日   日銀金融政策決定会合、議事要旨(9月20日、21日分)

  • 欧   ユーロ圏9月生産者物価指数 

    ドル円は10月の米雇用統計を受けて、上下にそこそこの値動きを見せました。

    10月の失業率は4.1%と、さらに低下して、実に16年ぶりの低水準でし

    た。非農業部門雇用者数は、予想値が既に32万人と、「ハードルが高い」こ

    ともあり、これを上回るのは厳しいのではないかと予想していましたが、結果

    は26.1万人でした。予想は下回ったものの、9月分が上方修正されたこと

    で、9月分と10月分をあわせてみれば、まずまずの内容でした。

    その後ISM非製造業景況指数が上振れしたことでドル円は114円43銭ま

    で買われましたがその後、113円台半ばまで押し戻されており、今回も11

    4円台半ばの「レジスタンスゾーン」を抜けませんでした。税制改革に伴う米

    金利の上昇傾向など足元のドル円は堅調に推移し、底堅い動きは見せているも

    のの、114円台半ばの水準が一段と意識されるような展開になると、今度は

    何かをきっかけに下値を試す可能性もあります。

    次期FRB議長に、報道通りパウエル氏が指名されました。氏はハト派と見ら

    れていますが、イエレン現議長の路線を継承すると見られており、市場へのイ

    ンパクトはありませんでした。今朝の報道ではNY連銀のダドリー総裁が来年

    の春か夏にも辞任すると伝えられています。

    昨日トランプ大統領が来日しました。

    大統領の来日に合わせて、北朝鮮が再びミサイル発射などの威嚇行為を行うの

    ではないかとの見方もありましたが、今朝の時点では動きはありません。

    トランプ大統領も過激な発言を封じる気配もなく、米軍横田基地での演説で、

    「どんな独裁者も米国の決意を甘くみないほうがいい」と発言し、自分が大統

    領でいるかぎり「解決するまでやる」と述べています。

    実際に最新鋭のステルス戦闘機、F35Aを日本国内に配備するなど、北朝鮮

    に軍事的な圧力をかけており、北朝鮮もこれまでのような威嚇行為を安易に出

    来にくい状況なのではないかと思われます。

    日米首脳会談は正式には本日から始まります。

    北朝鮮問題が最大の課題にはなると思いますが、日米の貿易問題にも厳しく言

    及してくるかもしれません。「アメリカファースト」を掲げているトランプ政

    権では、日中韓に対する貿易赤字の是正は、今回のアジア歴訪の主要課題の一

    つと見られます。

    上述のように、ドル円は114円20-50銭が抵抗帯となっています。この

    水準は今年5月と7月にも上昇を抑えられた水準で、そのためかドル売り注文

    が集まりやすいレベルだと言えます。既に10月から数回このレベルを試して

    いるため、徐々にこなれてきているとは思いますが、明確に上抜けするには、

    さらなるドル高材料が必要です。本日は日本時間のトランプ大統領の発言に注

    意でしょう。

    レンジは113円50銭~114円50銭を予想します。


  • スポンサーサイト



    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。