FC2ブログ

米税制改革法案成立の見通し強まる 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • 112円台前半で推移していたドル円は、税制改革法案の成立

    見通しが強まり上昇。112円74銭までドル高が進み、高値圏で

    越週。

  • ユーロドルは1.18台を回復したが維持できず小幅に反落。

    1.17台半ばまで売られ、膠着感を強める。

  • 株式市場は反発。税制改法案通過の鍵を握る共和党上院の

    2人の議員が賛成に回ったことで、法案成立の見通しが高まった。

    株式市場はこれを好感し、主要3指数は揃って最高値を更新。

  • 債券相場は変わらず。やや売りが優勢となり長期金利は

    小幅に上昇。

  • 金、原油はともに上昇。


  • 12月NY連銀製造業景気指数 → 18.00

  • 11月鉱工業生産         → +0.2%

  • 11月設備稼動率          → 77.1%

    本日の注目イベント

  • 日   11月貿易収支

  • 欧   ユーロ圏11月消費者物価指数(改定値)

  • 米   12月NAHB住宅市場指数


     

    ドル円は112円台で推移しているものの、底堅い動きを見せています。

    先週末のNY市場では、112円台前半までドル売りが進む場面もありましたが、

    税制改革法案成立の見通しが立ったことでドルが上昇し、112円台後半まで買

    われ、株式市場でもダウなど、3主要指数が揃って最高値を更新しました。

    法人税は2018年から21%に引き下げることが決まり、また2025年まで

    の時限措置として、個人所得税の引き下げや、住宅ローン利子控除の修正も盛り

    込まれました。

    共和党内の一部の反対議員も賛成に回ったことで法案成立の公算が高まり、市場

    に好影響を与えました。ホワイトハウスのサンダース報道官は、「この法案は税

    率を引き下げるほか、ねじ曲げられ重荷となった税制を簡素化し、オバマケアの

    個人保険加入義務として知られる低所得・中間層家計への誤った課税を廃止する。

    これにより米経済成長と賃金上昇、競争力向上が促されるだろう」とのコメント

    を発表しています。(ブルームバーグ)

    同法案は下院では19日に、上院も週半ばには採決を行う予定となっており、早

    ければ20日にも大統領が署名する可能性もあります。

    一時は成立が危ぶまれた税制改革法案で、税率も当初トランプ大統領が公言して

    いた15%ではなくなったものの、これで何とか成立の見通しがたってきました。

    これにより、次の関心はもう一つの柱であるインフラ投資がいつ、どの程度の規

    模で実施の見通しがたつのかに移ってきました。

    インフラ投資がより具体化すれば国債の需給にも影響を与え、長期金利の上昇圧

    力になり、ひいてはドル円の支援材料にもなるだろうと思われます。

    今週はそれほど重要な経済指標の発表もなく、週末には一気にクリスマスモード

    に入ってくると思われます。それでも週末に、11月のPCEコアデフレータの

    発表があり、この結果が来年の利上げ回数観測に影響を与えることになります。

    本日のドル円は上値を試す展開を予想していますが、113円に乗せることが出

    来るかどうかに注目しています。

    レンジは特段の材料が出ない限り、112円10銭~113円10銭といったと

    ころでしょうか。


  • スポンサーサイト
    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。