FC2ブログ

ドル円黒田発言で再び108円台に 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場


  • ドル円は黒田日銀総裁の発言を受け、再び108円台まで
    売られ、一時108円28銭までドル安が進み、直近のドル安水準を
    切り下げる。ユーロ円などクロス円の売りも円を買う動きにつながった。

  • ユーロドルは前日の1.25台から反落。週末のポジジョン調整も
    あり、1.2406まで売られる。

  • 株式市場は3日続伸し、3市場揃って大幅に最高値を更新。
    ダウは前日比223ドル上昇し、2万6616ドル台に。
    早くも2万7千ドル台が視野に。

  • 債券相場は反落。長期金利は再び2.66%台まで上昇。

  • 金は4日ぶりに反落。原油価格は反発し66ドル台に。

  • 10-12月GDP(速報値)   →  +2.6%

  • 12月耐久財受注        →  +0.6%

本日の注目イベント

  • 米   12月個人所得
  • 米   12月個人支出
  • 米   12月PCEコアデフレータ

ムニューシン財務長官、トランプ大統領に続き、今度は黒田総裁の出番でした。同総裁はスイスで行われているダボス会議の席で、インフレ率が「ようやく目標に近い」と語ったことで、金融緩和の終了が意識され、ドル円は再び108円台前半までドル安が進みました、

この発言はダボス会議のフォーラムで、ラガルドIMF専務理事やカーニーBOE総裁などと出席した中で、司会者から2%の物価目標の達成度を尋ねられた際に答えたもので、「賃金が上昇している兆候が幾つか見られ、物価については一部で既に上昇し始めている。ここ数年非常に弱い状態が続いている中、中・長期のインフレ期待も若干上向きつつある」と英語で発言しました。(ブルームバーグ)市場はこの発言に反応し、ドル円は109円台半ばから108円台前半まで売られています。

その後、日銀のスポークスマンは「黒田総裁のコメントは今月23日に発表した経済・物価の展望で示した見解と変わらない」と電子メールで補足し、「総裁の発言は、インフレ率の目標の2%に達する時期は2019年度ごろになる可能性が高いという意味だ」と火消しにやっきになったとブルームバーグは伝えていますが、この欄でも何度か指摘していているように、足元の市場はドル安材料には非常に敏感になっており、材料にすぐさまドル売りで反応しやすい状況になっています。

ドル円はトランプ大統領の「ドル高を望む」発言から、先週末の東京市場では109円70銭までドルが買い戻される場面もありましたが、再びドルが下落する展開で、なかなか浮上のきっかけが掴めない状況です。あまり話題にはなりませんでしたが、トランプ政権のもう一つの公約である「インフラ投資」も、その概要が間もなく発表になりますが、大統領自身その規模は1兆ドル(約109兆円)ではなく、1兆7000億ドル(約185.3兆円)程度になると語っています。今後、議会での承認や、財源、その実施時期などの問題はありますが、市場はまだ消化していないように思います。

ドル円の上値が重い展開は変わりません。昨年のドルの安値である107円32銭というレベルがますます重要になってきていると感じます。このレベルを割り込むと、ドル売りがさらに進む可能性があります。従って、108円で粘り腰をみせ反発できるのかどうか正念場ともいえます。本日の予想レンジは108円20銭~109円30銭程度と見ています。

スポンサーサイト
このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。