月別アーカイブ

 2018年07月 

米中関税発動期限迫る 

ひと目で分かる昨晩の動き
欧州市場


  • 東京時間には110円28銭までドル安が進んだものの、NY市場
    祝日の影響もありその後は小動き。110円台半ば前後で一進一退。

  • ユーロドルも1.16台半ばを中心にもみ合い。ECBの高官が
    「2019年末の利上げは遅すぎる」との認識を示したとのニュースにも
    反応せず。

本日の注目イベント

  • 英  カーニー・BOE総裁講演
  • 米  新規失業保険申請件数
  • 米  6月ADP雇用者数
  • 米  6月ISM非製造業景況指数
  • 米  FOMC議事録(6月12、13日分)

今朝の時点ではまだ米中の貿易関税問題を巡る進展は何もありません。中国財務省は4日遅く声明を出し、「われわれが最初の一発を打つことは決してなく、米国より早く関税を発動させることはない」と発表しています。(ブルームバーグ)ただ、時差の関係で、中国が米国より早く発動させる可能性否定できないとも報じており、6日の北京時間午前0時(日本時間午前1時)に追加関税が発動されることも考えられます。

昨日は米国が独立記念日で祝日でした。この時間、米国は4日の夜ですが、残された時間は30時間を切ったということになります。水面下では、ロス商務長官を中心に交渉作業が行われているものと思われますが、はたしてトランプ政権がどこまで譲歩してくるのかが焦点です。あるいは時間切れという事態も考えられます。

仮にこのまま進展がないとすれば、貿易戦争に突入する可能性は高く、メルケル独首相は昨日連邦議会での演説で、米国が欧州の自動車に高関税を賦課すれば鉄鋼やアルミニウムに対するものより、「はるかに深刻」になるとの認識を示し、貿易戦争になった場合の影響を警告し、世界的な金融危機のような事態が再来する恐れがあると語っています。

6日の米中の追加関税の内容を確認しておくと、米国側はまず自動車、産業用ロボットなど818品目(340億ドル相当)の関税を発動し、中国側も同規模の報復関税を大豆や自動車を対象に発動します。中国側の対象品目は、トランプ大統領の支持基盤である農業やエネルギーに的を絞っているところは、今週1日から発動されているEUの対抗措置と同じ手法です。さらにカナダも166億カナダドル(約1兆4000億円)規模の報復複関税を決め、既に7月1日から発動しています。まさに貿易戦争の様相が色濃くなり、「貿易戦争に勝者はない」という言葉が改めて意識されます。

ドル円はこのような状況下でも110円台半ばで推移しています。リスク回避の動きが強まり、円高が進むのではないかとの見方は根強くありますが、反応はいまいちです。ただ、注意するにこしたことはありません。明日は関税発動期限であることに加え、恒例の雇用統計発表日でもあり、久々に大きな値動きがあるかもしれません。本日のドル円は110円~111円程度を予想しますが、上記関税問題の進展次第では、どちらにも抜ける可能性はありそうです。

スポンサーサイト
このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。