FC2ブログ

月別アーカイブ

 2018年07月 

時間切れで米中関税発動か? 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • 米中関税発動期限を控え、ドル円は動意もなく小動き。

    株価が上昇しドルが買われたものの、110円74銭までで

    上げ止まり、110円65銭前後で取引きを終える。

  • ユーロドルは続伸。M&Aの動きやECBの当局者によるタカ派

    的発言からユーロが買われ、1.1721まで上昇。

  • 株式市場は大幅に上昇。関税発動期限が迫る中でも、ハイテク株を

    中心に買われる。ダウは181ドル上昇し、ナスダックも83ポイント上昇。

  • 債券相場は横ばい。長期金利はほぼ変わらずの2.82%台に。

  • 金は反発し、原油は続落。


  • 新規失業保険申請件数      →   23.1万件

  • 6月ADP雇用者数         →   17.7万人

  • 6月ISM非製造業景況指数   →   59.1

    本日の注目イベント

  • 日   5月景気動向指数

  • 独   独5月鉱工業生産

  • 米   6月雇用統計

  • 米  5月貿易収支

  • 加   カナダ5月貿易収支

  • 加   カナダ6月就業者数

  • 加   カナダ6月失業率
      

    本稿執筆時、米東部時間が6日の0時を迎えるまで残り7時間ほどしかありません。

    そして現時点では米中どちらも歩み寄りの姿勢を見せてはおらず、このままでいけ

    ばまず、米国が340億ドル(約3兆8000億円)相当の関税引き上げを発動し、

    その後中国も直ちに同規模の報復関税を発動することになります。

    世界がその前に何らかの進展があるのかどうかを固唾を呑んで見守っている状況で

    す。

    米通商代表部(USTR)は5日に電子メールで、340億ドル相当の中国製品を

    対象とする関税を、米東部夏時間6日午前0時1分(日本時間同日午後1時1分)

    に発動すると確認した。(ブルームバーグ)

    トランプ政権は現時点でも振り上げた刀を下ろすつもりはないようです。

    今朝の情報によると、一旦は時間切れで米中が発動した後も、交渉の余地は残り、

    妥協点を見い出す交渉もあり得るとの見方を紹介していますが、一方で世界貿易戦

    争の幕が切って落とされるとの見方もあります。既にEUとカナダが同様の措置を

    発動しており、EUはさらに鉄鋼輸入制限(セーフガード)を今月中旬にも発動す

    る計画があるようです。

    またトランプ大統領は、中国が報復関税を発動したら、さらに2000億ドル(約

    22兆1000億円)相当の中国製品に追加関税を課すとも語っています。

    それにしても、このような状況にも関わらず、市場は冷静さを保っており、このと

    ころ売られ過ぎていたとはいえ、昨日ダウは181ドルの上昇で取引きを終えてい

    ます。

    本来ならリスク回避の円買いが起きてもおかしくはないドル円は、昨日の朝方は売

    られても110円台前半までで、その後は110円74銭近辺まで「円売り」が進

    む場面もありました。

    市場は、「米中が関税引き上げを発動しても、最終的には世界的な貿易戦争にはな

    らないと見ている」、そう考える以外に今の状況は説明できないと思います。

    最新の報道では、トランプ大統領は大統領専用機の機内で記者団に、中国製品への

    関税を6日午前0時過ぎに発動するとした上で、別の160億ドル相当の中国製品

    への関税は2週間以内に発動し得ると述べたと、ブルームバーグは伝えています。

    ここ1週間、110円さえ割り込まないドル円ですが、このまま米東部時間0時を

    迎える可能性が高くなったことを考えると、上値も重いと予想します。

    レンジは110円から111円程度でしょうか。

    米中貿易問題に忙殺され、本日雇用統計があることも忘れてしまいそうです。


  • スポンサーサイト
    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。