FC2ブログ

ドル円110円台まで売られるも勢いなし 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • ドル円は上値がやや重くなり、昨日は欧州市場で110円84銭前後

    までドル安が進む場面があり、NY市場でも110円90銭までドルが売られた。

    米中の貿易摩擦が一段とエスカレートしたことや、英国のEU離脱問題で

    リスク回避の流れが進んだことが背景。

  • ユーロドルは再び1.16を挟む展開に戻る。1.1620まで

    買われたものの、切り返して1.1574まで売られる。

  • 株式市場はまちまち。米中貿易問題で、中国側も23日から報復関税を

    発動することが発表されたが、影響は軽微。原油価格が大幅に下げたことで、

    石油株が売られ、ダウは45ドル安。一方ナスダックは7日続伸。

  • 金は続伸。原油価格は在庫が予想以上に増えていたことや、米中貿易戦争が

    激化すれば原油消費量も減るとの見通しから大幅安。前日比2.23ドル安の

    66.94ドルで引ける。

    本日の注目イベント

  • 中   中国 7月消費者物価指数

  • 中   中国 7月生産者物価指数

  • 欧   ECB月報

  • 米   新規失業保険申請件数

  • 米   7月生産者物価指数

  • 米   日米貿易協議(ワシントン)

  • 加   カナダ7月住宅着工件数


    ドル円はこれまでより若干上値を抑えられている状況です。昨日も朝方の111円35銭

    近辺からドルが緩やかに下落し、欧州時間には110円84銭までドル安が進んでいます。

    前日よりはやや深押ししましたが、それでも売り方に勢いはなく、懸念材料があるものの、

    依然として110-113円の「基本レンジ」は維持していると考えられます。

    米国が160億ドル(約1兆7800億円)の追加関税を23日に発動することを受けて、

    中国は新たに同額の米国製品を対象に今月23日から25%の報復関税を課すことを発表

    しました。

    この事態は予想されていたため、市場への影響はありませんでしたが、これにより先にト

    ランプ政権が発表した追加関税と同規模な500億ドル相当の関税額にまで膨れ上がって

    きました。中国政府は発表文で、中国製品160億ドル相当に25%の追加関税をかける

    という米国の決定は「非常に理不尽だ」とし、正当な利益と多国間貿易体制を守るため報

    復せざるを得ないと表明しました。この声明文の内容を読むと、米中どちらが、かつての

    西側諸国か東側諸国か、判らなくなってきます。

    問題はこの後、トランプ政権が現在検討している2000億ドル相当の追加関税までエス

    カレートしてしまうのか、そして場合によっては5000億ドルという、中国からの

    輸入額全てに高関税を課すところまで行くのかどうかです。2000億ドルの追加関税に

    ついては、9月6日の意見公募期間終了後に直ちに発動される可能性もあり、中国側も、

    もし同関税が発動された場合、米製品600億ドル相当に関税をかける用意が整っている

    と、ブルームバーグは伝えています。「貿易戦争」という名の足音がひたひたと迫って来

    ている印象です。

    貿易問題ではやや蚊帳の外のイメージの日本ですが、本日からワシントンでは日米閣僚級

    の貿易協議が行われます。2017年1月のトランプ政権発足時からの親密な日米関係を

    考えれば、「日本は例外的」だとする見方もあるようですが、個人的にはそのようなこと

    はないと思っています。

    トランプ大統領はかつて、日本はこれまで米国をだましてきて、貿易で甘い汁をすってき

    たが、もう 米国はだまされない。といった趣旨の発言をしています。貿易赤字を減らす

    ことが趣旨であれば、その最大の品目は自動車です。自動車の輸入問題を除外することは

    考えられません。

    現在日本から米国へは約170万台の車が輸出されています。さらに、日本の自動車メー

    カーはメキシコやカナダからも現地で生産した車を米国に輸出しています。

    トランプ政権がこれに手をつけないことはないと思われ、何らかの圧力をかけて来ると予

    想されます。足元のドル円がやや軟調なのもこれが重石となっている部分があります。

    本日のドル円は110円50銭~111円30銭程度と予想します。

    明日10日(金)~14(火)の「アナリストレポート」はお休みとさせていただきます。

    ご愛読の皆様にはご迷惑をお掛けしますが、ご理解の程宜しくお願い申し上げます。




  • スポンサーサイト
    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。