FC2ブログ

米株価急落でドル円112円台に 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • ドル円は113円台前半から急落。株式市場で株価が大きく下げ、

    リスク回避の円買いドル売りが加速し、112円25銭まで売られる。

    ドルの買い持ちを減らす動きが優勢となり、この日の安値圏で引ける。

  • ドル安が進んだことでユーロドルも反発。英国のEUからの

    「ハードブレグジット」懸念が後退したこともあり、1.1545まで上昇。

  • 株式市場は全面安の展開。長期金利の上昇や、米中貿易戦争長期化

    への懸念が蒸し返され、ダウは831ドル安。ナスダックも315ポイント安と

    急落。中国関連銘柄の下落が目立った。

  • 株価が急落し、リスク回避の流れから安全資産の債券は買われた。

    長期金利は3.16%台まで低下。

  • 金は反発。原油価格は供給減少懸念が後退したことで大幅安。

  • 9月生産者物価指数     → 0.2%

    本日の注目イベント

  • 亜   G20(インドネシア・バリ島、12日まで)

  • 米   9月消費者物価指数

  • 米   新規失業保険申請件数

  • 米   9月財政収支 


    この欄でも何度か触れたことがありますが、今年2月の初めに、ドル円が円高ドル安

    に転じたきっかけはNY株式市場の急落でした。昨日再び同じような事態が起き、ド

    ル円は約3週間ぶりに112円台前半まで円高が進んでいます。

    NYダウは前日比831ドル(3.7%)下げ、ナスダックは4%を超える下げを見

    せました。今回も米長期金利の上昇が株価急落の原因の一つと伝えられていますが、

    米長期金利の上昇は今に始まったわけではありません。米長期金利は9月の18日に

    再び3%台を回復しましたが、その日のダウは184ドル高と、大幅に上昇して取引

    きを終えています。長期金利はそれから徐々に上昇し、今週9日には3.26%台ま

    で上昇しました。「ドル高・株高」、さらに言えば、「原油高」が続いた「楽観相場」

    、「適温相場」が修正を迫られた格好です。

    昨日の株価急落の理由付けには、「米中貿易戦争長期化への懸念」も挙げられていま

    す。こちらも「今さら」という気がしないでもありませんが、この欄でも今の米中関

    係はここ数年で最悪の状態であると述べてきました。株価の大幅下落に比べ、ドル円

    は円高方向に振れてはいますが、その値幅はまだ軽微です。

    注意したいのは、ここからのNY株式市場の動きです。2月2日(金)に前日比66

    5ドル下落したダウは、翌日5日(月)には1175ドルと、さらに下げ幅を拡大し

    て下落しました。そしてその翌日には567ドル反発し、これで一旦下げ止まったか

    に見えましたが、8日(木)には1032ドル安と、再び1000ドルを超える下げ

    を演じ、株式市場に先行き不安が広がりました。ただ振り返ればこの日記録したダウ

    の引け値、2万3860ドルが今年の最安値で、その後「適温相場」が続き、先週4

    日には2万6828ドルの史上最高値を記録したことはご承知の通りです。

    結局、為替も株式も全員参加で、同じ方向に走って行った時には、いずれは大幅な調

    整が誘発されるということだと思います。

    NY市場では112円25銭まで下げたドル円は、「8時間足」の雲の下限で止まっ

    た形になっていますが、本日の日本株も大幅下落は避けられないでしょう。

    株価の下落に伴ってドル円がどこまで売られるのかが焦点ですが、112円を維持で

    きるかどうかも注目されます。

    112円を割り込んだ場合には、「日足」の「52日線」がある、111円80銭前

    後が次のサポートになりそうですが、「ドルが下げたら買いたい」と考えていた投資

    家がどこまで買いを入れるかにも注目です。

    予想レンジは111円70銭~112円70銭程度と見ていますが、どうでしょう。


  • スポンサーサイト
    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。