FC2ブログ

月別アーカイブ

 2019年04月 

WTI一段と上昇しドル下落 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆ドル円は東京時間に株価の下落に伴い111円35銭近辺まで
売られ、上値の重さを確認したが、NYでも同じような展開。
111円29銭まで売られ、長期金利の上昇も材料とならず。
◆ユーロドルはドル高が進んだものの先週末の水準とほぼ変わらず。
1.12台半ばを中心にもみ合う。
◆株式市場は高安まちまちながら原油価格の上昇に、エネルギー
セクターが買われる。ダウは83ドル下げたが、S&P500は
小幅高で、8営業日続伸。
◆債券相場は反落。長期金利は2.52%台に上昇。
◆金は続伸し1300ドル台を回復。原油価格はリビア情勢の悪化を
手掛かりに大きく買われ、64ドル台に。


本日の注目イベント


◆米   IMF、世界経済見通し発表
◆米   クラリダ・FRB副議長講演


先週末には111円台後半まで続伸したドル円でしたが、昨日は終始上値が重く、
NY市場では111円29銭までドルが売られ、先週前半の水準まで押し戻され
ています。もっとも売られたのはドル円だけではなく、ユーロドルでもドル安が
進み、原油価格が大きく買われたことでドルが全般的に下落したようです。

リビア暫定政府は7日、ハフタル将軍に忠誠を誓う武装勢力「リビア国民軍」を
掃討するため軍事作戦を開始することを明らかにしました。
リビアは石油輸出機構(OPEC)の加盟国です。今回の衝突が同国の石油輸出
に影響を及ぼす恐れがあることで、WTI原油価格は64ドル台半ばまで買われ、
5カ月ぶりの高値を記録しました。

EUは明日臨時の首脳会議を開催します。
イギリスのメイ首相はこの席で、今週末に迫っているEUからの離脱期限を「6
月30日まで」延期するよう要請する予定です。
ただEU側が求めていた英議会での承認はどうやら間に合いそうもなく、EUが
メイ首相の要求を簡単に受け入れる可能性は低いと見られています。
メイ首相が最大野党のコービン労働党党首に提案していた協議案もまとまっては
おらず、コービン党首は「メイ首相はEU離脱を巡る新たな妥協案について労働
党に書面で提案したが、労働党の主な要求の一つである関税同盟はそこに含まれ
ていなかった」と述べており、与野党の隔たりは埋まっていません。(ブルーム
バーグ)イングランド銀行のカーニー総裁も、合意なき離脱のリスクが「驚くほ
ど高い状況にある」と述べており、イギリスの混迷は深まる一方です。

雇用統計でも動きが限定的だったドル円は方向感もなく、1日の値幅も少なく、
投資家の中には様子見を決め込む人も多いのではないかと思います。
ドル円は年初の急落から値を戻してはいますが、目先の上値のメドは112円台
というところが衆目の一致するところです。
一方下値の方も、先月22日に110円を割り込み、ようやく値動きが活発にな
ったかと思いきや、その後は緩やかな上昇軌道を辿っています。
今週は110-112円のレンジかと思いますが、実際の値幅はもっと狭くなる
可能性もあります。
材料としては、引き続き「米中通商協議」と「Brexit」ですが、投資家は
これらの材料にも「そろそろアキがきた」といった印象です。
ただいつものことですが、いつ動き出すのかわかりません。市場をチェックする
ことは怠らないようにしましょう。

本日も材料不足の中、上記EU首脳会議の動きということになります。
ドル円レンジは111円10銭~111円70銭といったところでしょうか。



スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。