FC2ブログ

米中貿易問題・・・ボールは中国に 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場


  • 欧州市場で108円20銭前後まで売られたドル円はNYに入ると上昇。108円54銭まで反発したが、CPIが低調だったことで上値は限定的となり、108円50銭近辺で引ける。

  • ユーロドルは小幅に反落。1.1274まで売られる場面があり、前日よりやや水準を下げる。

  • 株式市場は続落。利下げ観測の効果もやや低減し、この日はハイテク株や金融株が売られる。ダウは43ドル下げたものの、2万6000ドルの大台は維持。

  • 債券相場は米中貿易問題の先行き懸念から買われる。長期金利は2.12%と、小幅に低下。

  • 金は続伸。原油価格は在庫の増加が重石となり大幅に続落。5カ月ぶりの安値となる、51ドル14セントで取引を終える。

  • 5月消費者物価指数  → 0.1%

  • 5月財政収支  → -2078億ドル

本日の注目イベント

  • 豪 5月雇用統計
  • 独 5月消費者物価指数(速報値)
  • 欧 ユーロ圏4月鉱工業生産
  • 米 5月輸入物価指数
  • 米 新規失業保険申請件数

ドル円は108円台で一進一退の動きが続いています。FOMCとG20という、ビッグイベントを控えており、その内容次第で相場はどちらにも動く可能性があり、結果を見極めるまでは動きにくいということなのでしょう。ただ、その前に立ちはだかっているのが、トランプ大統領の予想不可能な「ツイート」です。

前日、「米中問題で結論を遅らせているのは実は自分だ」、とツイートしたトランプ氏は、昨日ホワイトハウスで記者団に対して、「自分に最終期限はない」と発言した上で、自分の頭部を指し、「私の最終期限はここにある」と述べています。(ブルームバーグ)すでに「ボール」は中国側に投げられており、中国が今後どのような対応を見せるのかを待っている状況です。その上で、大阪で行われるG20で習主席が会談に応じないようなら、3000億ドル(約32兆5千億円)相当の中国製品に対して直ちに25%か、それ以上の関税をかけると警告しています。さらに中国側の譲歩についても、中途半端なものを受け入れる意思はなく、先の交渉で合意した内容の厳しいものを要求しています。中国側も、相手がトランプ氏だけに、最悪の事態もないとは言えないと警戒しているものと思われます。

このように、非常の厳しい米中のかけ引きが続いていますが、ブルームバーグは北京大学の張健准教授の言葉を紹介しています。同教授は、「中国指導者として過去数十年間で最も強大な権限を手にした習主席でさえ、就任後6年間で最も厳しい立場に追い込まれている。トランプ氏の脅しに屈せば、国内で弱腰と見られるリスクがある。会談を拒めば、トランプ氏は貿易対立を2020年の大統領選まで引き延ばす公算が大きいため、中国は経済コストを支払わされる」と述べています。

また中国政府関係者の言葉も紹介し、貿易問題を担当する政府関係者は、「米国との協議は両国首脳の介入がなければこれ以上進展できない地点に到達した」とのことです。

確かに、このままでは時間ばかりがいたずらに過ぎてしまい、米中トップが直接会って、会談するしか解決の糸口は見つからないと思われます。個人的には「最低でも会談は実現する」と予想していますが、それでも合意に達するのは容易ではないでしょう。

ただ一方で中国側としても、合意するしか選択肢はないように思います。

本日も、水準は前日と変わらず動きのない1日になりそうです。ドル円は108円20銭~108円90銭程度を予想します。

スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。