FC2ブログ

ドル円108円台を回復したものの、同水準を維持できず 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆東京時間に108円15銭まで買われたドル円は、海外市場では
徐々に軟調となり、NYでは107円67銭まで下落。G20での
米中首脳会談の結果が読み切れないことで、ドルの上値は重い。
◆ユーロドルは横ばい。1.13台半ばを中心に20ポイント程の
値幅で推移。
◆株式市場は前日と同じような展開となり、ダウは下落したものの、
ナスダックは上昇。米中首脳会談を前に動きも鈍く、ダウは10ドル安。
◆債券市場は反発。長期金利は2.01%台に低下。
◆金は続落し、原油は小幅ながら続伸。

◆1-3月GDP(確定値)     →   3.1%
◆ 新規失業保険申請件数       →   22.7万件
◆5月中古住宅販売件数成約指数   →   1.1%

本日の注目イベント

◆日   5月失業率
◆日  6月東京都区部消費者物価指数
◆日   5月鉱工業生産
◆日   G20大阪サミット
◆欧   ユーロ圏6月消費者物価指数(速報値)
◆英   英1-3月期GDP(改定値)
◆米   5月個人所得
◆米   5月個人支出
◆米   5月PCEコアデフレータ
◆米   6月シカゴ購買部協会景気指数
◆米   6月ミシガン大学消費者マインド(確定値)

いよいよ本日からG20大阪サミットが始まります。
すでに昨日から首脳同士の外交活動が始まっており、昨日は大阪で日中首脳が会談を
おこなっています。
会談では、来年の春に習主席を国賓として招きたいという申し出を、中国側も受け入
れ、日中韓関係を「永遠の隣国」として今後さらに関係を強化していくことで合意し
ています。また、中国側から拉致問題に関する言及があったことはややサプライズで
したが、習主席は先週の訪朝の際に、拉致問題に関する日本の立場を金委員長に伝え
たことを明らかにしています。米中首脳会談を前に、日本側との距離を縮めておこう
という思惑があると見られているようです。

注目の米中首脳会談は明日の11時30分から行われます。
これに先だってクドロー国家経済会議(NEC)委員長は、合意がなければ、米国は
中国製品に追加関税を賦課する可能性があることにあらためて触れ、「われわれに良
い取引をすることに
中国が前向きなら、われわれは見方を変えるかもしれない」と述べています。
また、「中国との協議には合意履行が含まれる必要がある」とも述べ、引き続き中国
側に圧力をかけているようです。
中国側も会談では、ファーウェイに対する禁止措置の撤回を米国に要求していくと米
紙は伝えていますが、どうなるのか明日の結果は読み切れません。
ただ、ここまで米国が圧力をかけてきた以上、「決裂」という選択肢は考えられませ
ん。その場合、直ちに制裁関税第4弾が発動され、減速傾向が鮮明な中国景気が一段
と悪化することになるからです。

一方で米国側の要求を全て飲むようだと、中国国内から「弱腰」との批判も噴出し、
習主席の指導者としての立場にも微妙な影響が出てくることから、米国側の要求にも
ある程度条件をつけることも予想されます。
結局、最終合意には至らないものの、米国の貿易赤字解消に対するコミットを行いな
がら、核心的な問題については今後も協議を継続することで会談を終えるのではない
かと、個人的には考えています。
仮にそうなった場合の市場の反応は、どちらかと言えばポジティブではないかと思い
ます。制裁関税第4弾の発動は、米中どちらにも痛みを伴うものですが、中国側によ
り強い痛みが襲うことになります。
中国側もその点については十分理解していると考えます。
従って、中国側がどこまで譲歩して来るのかが焦点です。

G20では米中貿易問題だけではなく、ロシアやトルコなどとの関係についてもトラ
ンプ大統領は首脳会談を通じて話し合われるものと思われます。
先のアルゼンチンサミットでは首脳宣言に「保護貿易主義に反対する」といった文言
は盛り込まれませんでした。米国が強く反対したからだと伝えられていますが、今回
はそのような文言が盛り込まれるのか、議長国としての日本の立場が試されます。

ドル円は昨日の東京時間に108円台を回復し、108円15銭まで上昇しましたが、
海外市場ではその流れが続きませんでした。
本日もトランプ氏はメルケル独首脳やプーチン・ロシア大統領などとの会談が予定さ
れています。今日の段階では為替への影響はないと思われますが、伝えられるニュー
スのヘッドラインで動く可能性はあるかもしれません。
来週月曜日の早朝の動きには注意が必要です。

本日のドル円は107円30銭~108円20銭程度を予想します。


スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。