FC2ブログ

ドル円続伸し108円台後半に 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆ドル円は続伸。特段材料はなかったものの、金利の上昇に
108円81銭まで買われ、約1カ月ぶりのドル高に。
◆ユーロドルも徐々に上値を切り下げたが、1.12台は
割り込めず前日と同じ展開に。
◆株式市場は続落。パウエル議長の議会証言を控え投資家は
慎重な姿勢を見せる中、売りが優勢となりダウは115ドル安。
◆債券相場は小幅ながら続落。長期金利は2.04%台へと上昇。
◆金は小幅に続落し、原油は続伸。


◆5月消費者信用残高       → 170.9億ドル

本日の注目イベント

◆米   ブラード・セントルイス連銀総裁講演
◆米   ボスティック・アトランタ連銀総裁講演
◆米   クオールズ・FRB副議長講演
◆加   カナダ6月住宅着工件数
◆加   カナダ5月建設許可件数

昨日の東京タイムでは株価の下落に歩調を合わせ、ドル円もジリ安となり、108円
28銭前後まで売られましたが、その後の海外市場ではドルが上昇に転じ、NY市場
では約1カ月ぶりとなる108円81銭までドル高が進みました。
昨日の海外では特段ドルを買い戻す材料はなかったものの、先週末の雇用統計の影響
を引きずっていることと、米長期金利が若干上昇したことが手掛かりになっていると
思われます。

報道されているように、イランはウラン濃縮度が2015年の核合意で定められた規
定上限を超えたと発表し、さらに濃縮度を20%まで引き上げる可能性もあると警告
しています。核兵器への転用が可能になるウラン濃縮度は90%以上とされているた
め、直ちに核攻撃などのリスクが高まったわけではありませんが、トランプ大統領は
「イランは気をつけた方がよい。良いことでは全くない」と発言し、ペンス副大統領
も、「トランプ大統領の下、米国はイランが核兵器を保有することを決して許すこと
はない」と語っています。(ブルームバーグ)
米国はすでにイランに対する制裁措置を実施していますが、さらに追加の制裁措置が
近く発表されるものと思われます。
先月末には朝鮮半島非武装地帯の板門店で電撃的な米朝首脳会談が持たれ、朝鮮半島
の地政学的リスクが後退したばかりでしたが、「一難去ってまた一難」といった状況
です。

ただそれでも市場はそれほど指し迫った緊張だとは認識していないようで、昨日のN
Y市場では安全資産の債券が売られ、安全通貨の円も売られる展開でした。
原油価格と金は引き続き高水準で推移しており、この部分でイラン情勢の緊張をかい
間見ることはできますが、まだリスクオフを加速させているわけではありません。
明日のパウエル議長による議会証言が控えていることも、動きを鈍くしていると思わ
れますが、市場の関心は、やはり今後の米金融政策の方向性に集まっていると思われ
ます。
議会証言では、今月末のFOMCでの政策変更に関する何らかの言及があると予想さ
れています。良好な雇用統計を受け、「0.5%の利下げ」の目は既になくなったと
思われ、「0.25%の利下げ」で決まりかと思います。
そして市場はさらにFRBの次の動きを模索することに集中し、年内あと何回利下げ
が行われるのかを予測し始めます。
また、トランプ大統領が再三FRBに対して利下げ圧力をかけていることもあり、議
会では「金融政策の独立性」を巡って質問が出る可能性もあります。
「政治的圧力には一切屈しない」といったコメントも予想されますが、そうなると再
びトランプ大統領の反感をかうことにもなります。
仮に、パウエル議長の任期満了前にパウエル氏を解任したら、トルコのエルドアン大
統領と同じ失態を演じたことになり、歴史に名を残すことになります。

ドル円は108円台後半まで上昇したことで、「日足」よりも短いチャートでは全て
「雲抜け」を完了しており、底堅い動きになって来ました。
引き続き、ドルの戻り売りのスタンスが有効かとは思いますが、その水準には慎重さ
が必要になっています。

予想レンジは108円30銭~109円10銭程度を予想します。


スポンサーサイト
このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。