FC2ブログ

円105円台、NYダウ一時950ドル急落 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆東京タイムに105円台後半まで売られたドル円はNY時間では
小康状態。106円前後で小動きとなり、長期金利の低下にも反応薄。
◆ユーロドルはさらに買い戻しが進み、1.12台まで反発。
◆株式市場は大幅続落。アジア市場での大幅な株安を受け、ダウは一時
950ドルを超える下げに。S&P500も5日続落し、この日は
3%を超える下落に。
◆債券相場は一段と上昇し、長期金利は2016年1月以来となる
1.70%台まで低下。
◆金は大幅に続伸。原油は反落。

◆7月ISM非製造業景況指数   →  53.7

本日の注目イベント

トランプ大統領が下した「制裁関税第4弾」は、単に「貿易戦争」を激化させた
だけでなく、「通貨戦争」にまで波及しそうな勢いです。
昨日の朝方、人民元が対ドルで7.0を超え、11年ぶりの「ドル高人民元安」
が進み、それをきっかけに、円高が進み、日本株も大きく下げ幅を拡大しました。
中国人民銀行は、「一国主義や貿易保護主義、および対中追加関税などの影響で
元相場は今日7元を突破した」との声明を発表しました。
7.0という水準は、これまで中国人民銀行が守ってきたレベルでしたが、人民
元安を容認することで、国内の輸出企業を優位にするという意図が見えます。
このままでは9月1日から、中国からの米国へのほぼ全ての製品に10%の関税
がかかり、中国製品の値段が上がることで競争力が低下します。
その値段の部分を、為替で「補完」しようという目的が見られるようです。
この動きに日本株は昨日のザラ場で580円程まで下げ幅を拡大する場面もあり、
ドル円は105円78銭前後まで一気に円高が進み、その後のNY市場でもダウ
は一時950ドルを超える下げを見せ、長期金利は1.70%台まで低下。リス
ク資産が大きく売られました。

問題はこれで終わりません。人民元安を受けて、トランプ氏は昨日早朝にツイッ
ターで、「為替操作だ」と非難し、「中国は自国通貨を歴史的な安値付近にまで
押し下げた」と述べ、「これは<為替操作>と呼ばれる。
Fedよ聞いているか?これは重大な違反で、時とともに中国の力を大きく弱めるこ
とになる」と主張しました。
トランプ氏がさらに金融当局への利下げ圧力を強めることが予想され、それを織
り込む格好で米長期金利が一段と低下し、米金利の低下がドル円を押し下げ、さ
らに円高が日経平均を押し下げるといった「負のスパイラル」に陥って来ました。


さらに、今朝7時ごろから106円近辺だったドル円が再び下げ足を速め、10
5円台半ばまで一段と円高が進みましたが、背景は米財務省が中国を「為替操作
国」(Currency Manipulator)に認定したとの報道でした。
ムニュ―シン財務長官は「中国の直近の措置が作り出した不公正な競争上の優位
を是正するため国際通貨基金(IMF)と協力する」とのコメントを発表してい
ます。(ブル-ムバーグ)まさに「通貨戦争」の様相を呈してきましたが、円は
その「とばっちり」を受けているといった状況です。

以前この欄で、ドル円は米長期金利の低下が続く以上はドルの上値は重く、円高
傾向が続くといったコメントを残しました。それでも米金利の低下傾向を好感し
てNY株式市場が上昇し、何度も「史上最高値」を更新する動きを見せ、この株
価の上昇がドル円下落の抑止力になっていました。そして、「問題は、株価が何
らかのきっかけで大きく売られると、さらに金利が低下し、ドル下落のバッファ
ーがなくなり、円高が一段と進む可能性がある」と指摘しました。足元の動きは、
まさにそのような状況になりつつあります。米国内では、今後物価上昇に加えて
株価の下落から個人消費も低迷し、景気悪化を防ぐためFRBが積極的に利下げ
に踏み切ることも予想され、ドル円は反転するきっかけがつかめない状況が続き
ます。

本日も日本株の下落に伴って、ドル円は下値を試す展開になりそうです。
日本株がさらに下落し、今夜のNYでも同じように株が一段安になるようだと、
105円を割り込む事態もあるかもしれません。「貿易戦争」と「通貨戦争」が
どこまで拡大していくのか出口は見えず、闇夜は深まるばかりです。

本日のドル円は105円~106円20銭程度を予想します。


スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。