FC2ブログ

月別アーカイブ

 2019年09月 

ドイツPMIさらに悪化 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆ドル円は107円台半ばを中心に小動き。米国株が堅調に推移し、
長期金利も動きがなかったことで値幅は21銭程度に収まる。
◆ユーロ圏製造業の一層の低迷と、ドイツのPMIがさらに悪化した
ことでユーロドルは下落。欧州時間に1.1台半ばまで売られたが、
NYでは小動き。
◆株式市場はまちまち。ダウは小幅に上昇したが、ナスダックと
S&P500は続落。
◆債券相場は横ばい。長期金利は1.72%台で推移。
◆金は大幅に上昇。原油は反発。

◆9月製造業PMI   →  51.0
◆9月サービス業PMI →  50.9

本日の注目イベント

◆日  7月景気先行指数(CI)(改定値)
◆日   黒田日銀総裁講演
◆独   独9月ifo景況感指数
◆米   7月ケース・シラ-住宅価格指数
◆米   7月FHFA住宅価格指数
◆米   9月リッチモンド連銀製造業指数
◆米   9月消費者信頼感指数
 

ドイツの9月総合PMIは「49.1」と、前月の「51.7」から「2.8」
ポイントも低下。節目の「50」を割り込み、2012年10月以来の低水準を
記録しました。また、ユーロ圏の総合PMIも予想を下回り、今後もさらに低下
するとの見方が優勢です。米中貿易戦争の影響を受け、ドイツでは自動車産業を
中心に製造業の低迷が続いており、それがユーロ圏全体の足を引っ張っている状
況です。

ECBのドラギ総裁は23日EU議会で証言を行い、先の理事会で決定した金融
緩和パッケージの一部を政策委員が公に反対を表明したことについて、「異議が
表明された形態が極めて重要な意味を持つ」とし、「ユーロ圏は多くの国から成
る通貨同盟であるという状況から、これは特に重要だ。このような意思の表明は、
ECBの決定の効果を損ねないよう注意して行うべきだ。この点は非常に重要だ」
と述べました。
理事会で決定した金融緩和措置を巡っては、オランダ中銀のクノット総裁や、ド
イツ連銀のバイトマン総裁らが行き過ぎた措置だと発言しており、このことを念
頭に置いた証言であると見られています。(ブルームバーグ)
先のECB理事会では、緩和措置の決定が採決を行わないで決められた経緯があ
ります。ドラギ総裁は、「決定には多くの賛成を得た」とし、ECBの慣行によ
るとして採決を行わずに緩和措置を決めましたが、これに対する批判の声がある
ようです。

ドル円はこれまで、108円を割り込み、107円台に入ると押し戻される展開
が続いていましたが、先週金曜日辺りから、108円台には届かない状況が続き、
緩やかにではありますが、上値を徐々に切り下げています。
再びドルが105円方向に向かうのかどうかはまだ判然としませんが、109円
台に乗せるにはさらなるドル支援材料が必要なことは明らかなようです。
材料としては、引き続き米中通商協議とイラン問題が挙げられます。
米中通商協議を巡っては、「中国の劉鶴副首相が貿易協議のため来週ワシントン
を訪れる」と、ムシューシン財務長官が語っており、次官級協議を経て、再び閣
僚級の協議が始まることになります。
ただ、合意についての可能性は低く、トランプ大統領も「大統領選の翌日には」
といった、あいまいな言い方をしています。
来週の協議で急転直下合意に達するようだと、ドル円は大きく上昇すると思われ
ますが、その可能性はかなり低いと見られます。

本日のドル円は107円20銭~108円程度を予想します。


スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。