FC2ブログ

月別アーカイブ

 2019年10月 

ドル円108円台半ばで推移 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆先週末、米中貿易交渉の一部合意を受け108円62銭まで
買われたドル円は小幅に反落。欧州時間には108円02銭まで
下げたが108円台は維持し、NY時間には108円46銭まで反発。
◆ユーロドルは1.10台前半で小動き。高値は1.1033
◆株式市場は3指数とも揃って反落。先週末に大幅上昇したが、
中国がさらなる交渉を求めていることで今後の交渉難航も
予想されることでダウは29ドル安。
◆債券は続落。長期金利は1.73%近辺まで上昇。
◆金は反発し、原油は反落。

本日の注目イベント

◆豪   RBA議事録
◆日   黒田日銀総裁講演
◆日   日銀さくらリポート公表
◆日   8月鉱工業生産(確定値)
◆中   中国9月消費者物価指数
◆中   中国9月生産者物価指数
◆独   独10月ZEW景気期待指数
◆英   英9月失業率
◆英   カーニー・BOE総裁議会証言
◆米   10月NY連銀製造業景況指数
◆米  企業決算 → シティーグループ、JPモルガン、ウェルズファーゴ、ジョンソン&ジョンソン、ブラックロック
◆米   ブラード・セントルイス連銀総裁講演
◆米   ボスティック・アトランタ連銀総裁講演
◆米   デーリー・サンフランシスコ連銀総裁講演

先週2日間の日程で行われた米中通商協議が「部分的合意」に至ったことで、
市場は一気にリスクオンに傾き、ドル円はこれまで「壁」になっていた108円台
半ばを抜け、108円62銭までドル高が進みました。
株式市場も「部分的合意」を好感し、ダウは319ドル上昇し、ほぼ全面高の展
開を見せ、安全資産の債券は下落し、長期金利が上昇しています。

合意内容は、中国が米農産品を400-500億ドル(約5兆4000億円)輸入
することや、中国を為替操作国に認定している件については今後検討すること。
さらにはファーウェイへの禁輸措置についても、今後協議を行うというものです。
これら「部分的合意」に達したことで、トランプ政権は本来なら本日15日から発
動予定であった中国製品2500億ドルに対する制裁関税を延期することを決め
ています。
「部分的合意」の可能性は予想されていましたが、これまでトランプ大統領は
「部分的な合意はしない」と明言していたことから、合意は難しいと個人的には
予想していました。この辺りの方針変更も、いかにもトランプ流と言えます。最初
に脅しをかけ、その後相手の出方を見極めながら、手綱をゆっくりと緩めていくや
り方です。

昨日は先週末と異なりややリスクオンの流れが後退しました。
中国側が詳細を詰めるためのさらなる協議を早ければ今月末にも持ちたい意向
を示し、習近平主席が署名に合意するのは、その後だと主張しているようです。
また、米国は本日発動する予定だった関税引き上げを見送りましたが、12月に
予定している関税引き上げについては保留しています。中国側はこの関税引き
上げも撤回を望んでいると、ブルームバーグは報じています。
ムニューシン財務長官は14日にCNBCとのインタビューで、米中が第一段階の
合意署名できるよう両国当局者が今後数週間かけて作業する。これが実現しな
ければ、12月15日に予定している追加関税の発動に踏み切ると述べています。
同時にムニューシン氏は、トランプ氏と習氏が来月チリで開かれるサミットで最終
合意する見通しだとも述べています。

米中貿易戦争については、ひとまず最悪の事態は避けられることになりましたが、
EUに対する関税引き上げは18日に発動される予定で、さらに米国はトルコに対
する鉄鋼関税を50%に引き上げるとともに、貿易協定を巡る交渉を停止すること
を明らかにしています。目先の最大の貿易摩擦は回避できましたが、まだ米国で
発生した「関税引き上げ」という嵐は猛威を振るいそうです。

ドル円は108円台半ばを超え、さらには「120日移動平均線」も超えてきました。
円高材料が多く見られる中、テクニカルの示唆が優勢な展開です。
次の上値のメドは「200日移動平均線」がある、109円前後ということになります。
本日のレンジは108円~108円70銭程度を予想します。


スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。