FC2ブログ

米主要3指数が揃って最高値更新 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場


  • 米中貿易協議「第一段階」の合意が近いという見方や、米株式市場の続伸を受けて、ドル円は反発。108円81銭までドル高が進み高値圏で越週。

  • ユーロドルは反発し、1.1057近辺までユーロが買われた。ユーロは対円でも反発し120円台半ばまで上昇。

  • 米中貿易協議の「合意が近い」というクドローNEC委員長の発言を好感し、3主要指数が揃って節目を抜き、最高値を更新。ダウは初の2万8千ドル台に乗せ、ナスダックも初の8500ポイント台に。

  • 債券は小幅に下落。長期金利は1.83%台へと上昇。

  • 金は反落し、原油は反発。

本日の注目イベント

  • 米 11月NAHB住宅市場指数
  • 米 メスター・クリーブランド連銀総裁講演

米中貿易協議の明るい見通しを材料に、再び米株市場では3主要指数が揃って最高値を更新しています。クドロー国家経済会議(NEC)委員長は14日ワシントンで、米中貿易協議「第一段階」の合意に関して、「われわれは取りまとめに近づいている」と発言し、「米国側は毎日彼らと連絡をとっている」とし、「合意に近づいている」と述べました。ただ同時に「まだ終了していない」とも述べています。またその後、16日には両国が閣僚級電話会談を行い、詳しい内容は明らかになってはいませんが、「第一段階」の合意に向け双方の中核的な懸案事項について「建設的な議論」を行ったことを中国国務省が明らかにしました。(ブルームバーグ)

米国株式市場ではこの報道を受け株価が大きく上昇しましたが、相変わらず「米中通商協議」の行方が市場の大きな材料になっていることが窺えます。為替は緩やかな動きに終始していますが、市場にあふれた資金は株式市場に向かい、株価を大きく押し上げています。ただ個人的には危うさは禁じ得ません。米中協議は確かに良い方向に向かっているようですが、最終的にはトランプ大統領と習近平主席が直接会って署名をする必要があります。しかしまだ会談の予定も、場所も決まっていない状況です。気まぐれなトランプ氏のこと、協議に最終段階で折り合わない部分でもあれば、「合意はしない」といった「ちゃぶ台返し」が、ないとは言えません。この段階で、米主要3指数が揃って節目を超え、最高値を更新したのを目にすると、株式市場は「ややはしゃぎすぎ」との印象を拭いきれません。

特に先週末には多くの米経済指標が発表され、小売売上高を除く全ての指標が予想を下回る状況でした。株式市場はそんな指標など無視して上昇したようです。今朝の日経新聞一面トップには「世界の上場企業、減益続く」といった見出しが躍り、世界約1万8000社の2019年7~9月期の純利益は前年同月比8%減だったと報じています。減益幅は4~6月期より約3ポイント拡大しており、地域別では米国、欧州、中国を除くアジア、日本となっていまが、その原因は製造業の不振だと分析しています。このような状況の中、「カネ余り」とは言え、株式市場が連日最高値を更新することに違和感を覚えている次第です。為替も、債券もそれほど際だった動きは見られません。ダウが1日で1000ドルを超える下げを見せた際には、長期金利が急低下し、円も急騰する可能性が高くなります。そのような状況がいつ来るのかは分かりませんが、備えておくことは必要です。

ドル円は、再び109円に迫る水準まで戻ってきましたが、上下どちらも勢いがありません。

米国株の最高値更新を受け、本日の日本株がどこまで伸びるのか、材料はその辺りになりますが、本日のドル円は108円30銭~109円10銭程度を予想します。


スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。