FC2ブログ

ドル、円以外の通貨に対して堅調 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆ドル円は小動きの中110円台で推移。110円21銭まで買われたが、
薄商いの中引けにかけては110円05銭まで下落。
◆ユーロドルではドルが堅調に推移し、1.1086までユーロが売られる。
◆株式市場では3指数とも揃って上昇し、連日の最高値更新。ダウは50ドル
買われ、2万9300ドル台に。
◆債券相場はやや軟調に推移し、長期金利は1.82%台へと若干上昇。
連日、1.7%台かから1.8%で推移し、やや膠着感が強まる。
◆金は反発し、原油は小幅ながら続伸。

◆12月住宅着工件数            →  160、8万件
◆12月建設許可件数            →  141.6万件
◆12月鉱工業生産             →  -0.3%
◆12月設備稼働率             →  77.0%
◆1月ミシガン大学消費者マインド(速報値) →  99.1 

本日の注目イベント

◆日   11月鉱工業生産
◆独   独12月生産者物価指数
◆米 株式、債券市場休場(キング牧師生誕記念日)
◆米 IMF、世界経済見通し

ドル円は先週末の朝方、110円29銭までドル高が進みましたが、その後
の海外市場ではドルの上値が重くなり、110円台は維持していたものの、
110円手前の水準まで売られています。対ユーロなどではドル高が進みま
したが、対円ではむしろ円買いが強い流れでした。

米住宅市場は依然として好調なようです。
12月の住宅着工件数は、年率換算で160.8万件と、上方修正された1
1月分(137.5万件)を大幅に上回り、2019年の着工件数としては
最大で、実に13年ぶりの高水準です。低金利や、着実な雇用の伸びに加え、
おりからの株高もあり、今のうちに「終の棲家」(ついのすみか)を
確保する流れが続いています。項目別では、一戸建て住宅の着工件数は11.
2%増え、2007年以来の高水準を記録し、さらに変動の大きい集合住宅
の着工件数は29.8%増加し、1986年以来34年ぶりの高水準でした。
(ブルームバーグ)
住宅は購入するとそれに伴って同時に、家電などの生活品も購入する傾向が
あり、同指数が好調である限り、個人消費も堅調に推移すると見られます。

米国とイランとの緊張はやや低下していますが、イランのハメネイ師が米国
への報復攻撃について、「イランが超大国である米国に平手打ちを食らわせ
た」と発言したことに対してトランプ大統領は17日、「イランのいわゆる
『最高指導』は最近あまり最高ではなく、米国と欧州に関して幾つかの不快
な発意をした。イランの経済は崩壊しつつあり、国民は苦しんでいる」と述
べ、「彼は、言葉に十分気を付けるべきだ」と警告しています。

そのトランプ氏に関して、ウクライナ疑惑を巡る弾劾裁判で実質的な審理が
上院で21日に開始されるのを前に、大統領と下院民主党の一部議員は18
日、正式な文書を提出しました。すでに伝えられているように、トランプ氏
の弁護団には、クリントン元大統領の弾劾裁判につながる捜査で特別検査官
を務めたケン・スター氏を筆頭に大物弁護士を加えています。引き続き、こ
の裁判でトランプ氏が大統領職を罷免されることはないと見られていますが、
大統領選にとっては不利な状況が出てくる可能性はありそうです。
こちらにも注目していきたいと思います。

ドル円は先週火曜日に110円台に乗せた以降、一度も110円を割り込ん
ではおらず、110円台を固めるような動きを見せています。
上昇は非常に緩やかですが、目先は110円台半ばを抜けることができるか
どうかが焦点です。引き続き「トランプ発言」がいつ、どんな形で出て来る
のか予想はできませんが、その時のための「保険」は、ある程度必要かと思
います。

本日のドル円は109円80銭~110円50銭程度を予想します。


スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。