FC2ブログ

月別アーカイブ

 2020年02月 

NY株連日の大幅高 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆ドル円はリスク回避の流れが後退したことで緩やかに上昇。
109円85銭までドル高が進む。
◆ユーロドルは反落し、1週間ぶりに1.10を割り込む。
◆NY株は前日に続き大幅上昇。良好な経済指標に加え、
新型コロナウイルスに対するワクチン開発への期待もあり、
ダウは483ドル高。ここ3日間の上昇は1000ドルを超え、
先週末の急落を埋め最高値に迫る。ナスダックは最高値を更新。
◆債券相場は続落し長期金利は1.64%台と、1週間ぶりの
高水準を回復。
◆金は4日ぶりに反発し、原油も50ドル台を回復。

◆1月ADP雇用者数       →  29.1万人
◆12月貿易収支         →  -489憶ドル
◆1月ISM非製造業景況指数   →  55.5

本日の注目イベント

◆豪   豪12月貿易収支
◆豪   豪12月小売売上高
◆独   独12月製造業新規受注
◆欧  ラガルド・ECB総裁講演
◆欧   ECB経済報告
◆米   新規失業保険申請件数
◆米   10-12月雇用コスト指数
◆米   カプラン・ダラス連銀総裁講演
◆米  企業決算 → ウーバー、ブリストル、ツイッター

NY株の連日の大幅高は驚きです。
新型コロナウイルスの感染は依然として続いており、今朝の時点では死者の数は500名
に迫っており、世界の感染者数も2万5000人近くになっています。
日本でも国内感染者の数は35人となり、昨日は横浜港に停泊中の「ダイヤモンド・プリ
ンセス」の乗船者への検査で、日本人3人を含む10人の感染が確認されています。
そんな中、昨日のNY株式市場でダウは483ドル上昇し、再び最高値に迫っています。
ここ3日間の上昇幅は1034ドルと、先週末の600ドルを超える大幅安を完全に埋め
て、余りがあります。
リスクオフが後退したことで、長期金利の上昇と相まってドル円も買われましたが、11
0円には届いていません。

NY株上昇の背景は好調な経済指標がその一つです。
民間企業による雇用統計であるADP雇用者数は、市場予想の「15万人」に対して「2
9.1万人」と、大幅に増加していました。引き続き労働市場は拡大していると見られ、
明日の雇用統計への期待も膨らんでいます。
また1月のISMサービス業の景況指数も「55.5」に上昇しており、新型コロナウイ
ルスの感染拡大への不安もある中、節目の「50」を大きく超え好調さを示しています。
農業やヘルスケアを含む12の業種で活動水準の改善が報告され、ISMの調査担当者は
「底堅く漸進的な伸びが見られ、これが長期にわたり持続可能だと感じる」と述べていま
す。(ブルームバーグ)先に発表された製造業景況指数も「50.9」と予想を上回って
いたことで、米経済の先行きに楽観論が台頭してきました。

もう一つの株価上昇要因は、新型コロナウイルスに対する楽観的な見方です。
感染拡大による経済的影響を最小限にとどめようとする取り組みは成功するとの観測が広
がったようです。ただこれについては、WHOの公衆衛生上の緊急事態プログラム責任者
は5日、新型ウイルスには「実証された有効な治療法はない」と記者会見で述べています。
また一方では、米医薬品開発会社のギリアド・サイエンシズ社は、中国で中程度および重
症の患者を対象に実施する2つの試験で抗ウイルス薬「レムデシビル」が試されることを
発表しています。ブルームバーグによると、同薬は研究室での実験で新型コロナウイルス
に対する有効性が示されており、患者は1日1回、「レムデシビル」またはプラセボ(偽
薬)の投与を計10回受け、有効かどうかを28日後に評価するとしています。

アイオア州の民主党党員集会では、事前の予想に反してブティジェッジ候補がトップに躍
り出ました。同氏は高齢者の多い候補者の中で最も若い38歳で、世代交代を訴え支持を
集めたようです。2位はサンダース候補で、本命視されていたバイデン候補は4位に沈ん
でいます。この日はちょうど、トランプ大統領の一般教書演説が議会で行われ、トランプ
氏は対中国との貿易合意や好調な米経済は自身が行ったなどと、これまでの実績をアピー
ルし、選挙戦を有利に進める場にしたようです。
議会でのトランプ大統領の演説が終わると、後ろに座っていたペロシ下院議長が立ち上が
り、演説原稿をおもむろに破った行動が話題になっています。
ペロシ議長はトランプ大統領の弾劾裁判では先頭に立ち、同大統領を非難する急先鋒でし
た。

ドル円は緩やかに上昇を続けています。
109円70-110円のゾーンが昨年12月にも何度が跳ね返された水準です。
ここを抜けて再び110円台を回復できるのか注目されます。
本日のドル円は109円50銭~110円10銭程度を予想します。


スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。