FC2ブログ

トランプ大統領中国との断交を示唆 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆ドル円は朝方106円台後半まで売られたが、大きく売られた
株価が午後に切り返すと、107円37銭まで反発。株価の動きに
連動する展開に。
◆ユーロドルは朝方買われたものの、ドル円と逆に午後には
反落し、1.0775まで売られる。その後は再び1.08台を
回復。
◆株式市場は反発。ここ数日で1000ドルを超える下げを
見せていたこともあり、ダウは自律反発との声も。
ダウは377ドル上昇し、この日の値幅は800ドルを超える。
◆債券相場は反発。長期金利は0.62%台へ低下。
◆金は続伸し1740ドル台に。原油も買われ、1カ月ぶりに
27ドル台を回復。


◆新規失業保険申請件数    →  298.1万件
◆4月輸入物価指数      →  -2.6%

本日の注目イベント

◆中   中国4月工業生産
◆中   中国4月小売売上高
◆独   独1-3月期GDP(速報値)
◆欧   ユーロ圏1-3月期GDP(速報値)
◆欧   ユーロ圏3月貿易収支
◆米   5月NY連銀製造業景況指数
◆米   4月小売売上高
◆米   4月鉱工業生産
◆米   4月設備稼働率
◆米   5月ミシガン大学消費者マインド(速報値)


「今は話したくない」・・・トランプ大統領は習近平主席に関して、FOXビジネス
とのインタビューでこのような言葉を使いました。
この欄でも何度か触れたように、「今回の新型コロナウイルスの感染拡大により米国
では甚大な被害が生じており、発生源を中国と認識しているトランプ政権はいずれ、
中国に対して経済制裁などの強硬姿勢を強めることになる」と予想していましたが、
新たな米中戦争の幕は切って降ろされたようです。

トランプ大統領はさらに、中国と「完全に断交することが可能か、断交した場合に何
が起きるか思案している」と述べ、「5000億ドル(約53兆5000億円)を節
約できるだろう」と語りました。これはこの日、米連邦職員向け年金基金を運営する
連邦退職貯蓄投資理事会(FRTIB)が、中国への株式投資を停止すると発表した
ことを指したものと思われます。大統領は、NY証券取引所およびナスダックに上場
しながら米国の会計規則に従っていない中国企業を「注視している」とも述べ、「非
常に厳しく注視している」と主張しています。FRTIBは「海外株ファンド」を通
じて約5000億ドルを運用しており、その約10%が中国株に投資されているよう
です。また大統領はインタビューの中で、新型コロナウイルスのパンデミックを巡っ
て中国に「大きく失望した」とも述べており、中国が新型コロナの感染拡大について
情報を隠ぺいしているとの認識を示しています。その上で、「安価な労働力が非常に
高くついた」と語り、米中が通商合意に署名した時点では新型コロナは「話題にも上
がっていなかった」と続けています。(ブルームバーグ)

米中貿易協議の第1段階の合意に署名したのは今年の1月15日でした。
この合意により中国側は米国から大量の農産物を輸入し、米国も中国を為替操作国か
ら除外した経緯がありますが、今後は貿易協議が開催されず、再び米中関係の悪化が
避けられそうもない状況になってきました。米国が新たな経済制裁を発表するようだ
と、中国側も人民元の切り下げや、大量に保有する米国債売却をちらつかせるなどの
「報復措置」に出て来る可能性もあり、将来的に「円高要因」と見ることも出来そう
です。米国内では、今回の新型コロナによる感染者数は139万人にも上り、死者の
数も8万4000人を超えています。
国内世論も中国に対する強硬姿勢を支持してくる可能性が高いと思われます。

先週の新規失業保険申請件数が発表されました。申請件数は298.1万件と、先週
から減少していましたが、8週連続で7桁台と、依然として高水準です。
この数字から、2カ月弱で3600万人が離職したと推計され、これは5人に1人が
離職したことを示します。
前日講演を行ったパウエル議長も、「5月の失業率は20%台まで上昇する」といっ
た市場の予想があることに関連して、「5月ごろがピークでその後は持ち直す」とし
ながらも「生産や所得の完全復元には時間がかかる」と述べていました。そのため、
「こうした経済の長期停滞を回避するためには、追加の政策手段が求められるだろう」
と語っています。
ただ、市場の一部で予想されているマイナス金利政策については「現時点で魅力的な
政策手段とは考えていない」と述べ、マイナス金利導入には否定的な考えを示しまし
た。

ドル円は引き続き株価の動きに連動する傾向が続いています。明確な方向性はないも
のの、NY市場では値幅もそこそこあり、こまめに利益を確定していくことが求めら
れます。引き続きドルの上値の方が重いと予想しています。


スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。