FC2ブログ

月別アーカイブ

 2020年05月 

日米で株価急伸 


ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆米株価の上昇と長期金利の上昇にもドル円は反応せず、
107円台での膠着が続く。ユーロドルでユーロ高が
若干進んだこともあり、円が強含む場面もあり、
107円41銭まで下落。
◆ユーロドルは買い戻しが入り、1.0996まで上昇。
ドイツの経済指標に底入れ感が出るなど、景気回復への
期待感がユーロショートの買い戻しにつながる。
◆株式市場は大幅に続伸。ワクチン開発への期待もあり、
ダウは一時2万5000ドルの大台を回復し、S&P500も
3000の大台に乗せる場面も。
◆リスクオンがやや強まり、債券相場は下落。長期金利は
0.69%台へ上昇。
◆金は大きく売られ、原油価格は上昇。

◆3月ケース・シラ-住宅価格指数    →  0.47%
◆3月FHFA住宅価格指数       →  0.1%
◆4月新築住宅販売件数         →  62.3万件
◆5月消費者信頼感指数         →  86.6

本日の注目イベント

◆中   中国4月工業生産
◆米   ベージュブック(地区連銀経済報告)
◆米   5月リッチモンド連銀製造景況業指数
◆米   ブラード・セントルイス連銀総裁、バーチャル会議に参加

出遅れ感が強かった日経平均株価もようやく力強い上昇を見せました。
前日、「非常事態宣言」が全面的に解除されたことを好感し、昨日の日経平均株価は
前日比529円上昇し、前日分と合わせ2日で850円程上昇し、引け値では2万1
200円台を回復しました。さらに上昇しているのが米株式市場です。
ダウは昨日のザラ場では一時「2万5000ドル」の大台を回復し、S&P500も
「3000」ポイントに乗せる場面がありました。
いずれも、新型コロナウイルスに打ち勝って経済活動が再開することへの期待感が相
場を押し上げた結果です。

一方ドル円は完全に「蚊帳の外」といった具合です。
5月は初旬に106円台を若干割り込む場面もありましたが、ほぼ106円~108
円のレンジ内で推移し、ここ10日間ほどは107円台でのもみ合いが続いており、
値幅は1円もありません。香港を巡る米中関係も依然予断を許さない状況にあり、値
動きも煮詰まってきていると考えれば、動き出すのも近いのではないかと思いますが、
これは希望的観測も含めてのことです。米長期金利の動きが鈍いことが最も大きな要
因になっていると思われます。

北京で開催中の「全人代」では、香港での反政府活動を禁止し、民主化運動を厳しく
監視するための「香港国家安全法」の制定方針が明日にも採択される見込みとなって
います。同法案は、国家の分裂や政権転覆、組織的なテロ活動、外部勢力による内政
干渉を禁止することを含んでおり、トランプ大統領は中国の当局者・企業・金融機関
への様々な制裁措置を検討しているようです。
マクナニー大統領報道官は26日、「トランプ大統領は不快感を示しており、中国が
取って代われば、香港が金融ハブの地位を維持するのは困難に見える」と語っていま
す。トランプ大統領が具体的にどのような制裁措置を考えているのかは明らかになっ
ていませんが、FOXニュースは、「トランプ氏は、中国の学生と研究者の米国留
学を制限することをポンペオ国務長官と議論した」と伝えています。
(ブルームバーグ)

ハーバードなど、米有名大学ではMBAを取るため多くの中国人学生が学んでいます。
昨年耳にした中国人の知人の話では、西海岸のカリフォルニア大学バークレー校の卒
業式に出席した際、米国人以外の卒業生はほぼ中国人が独占し、日本の学生は一人も
いなかったそうです。彼の息子はコンピューター・サイエンスを専攻し、就職先もグ
ーグルなど引く手あまたでしたが、結局ベンチャー企業に就職したと話していました。
いずれにしても法案が制定されれば米国としても中国に対して何らかの制裁を加える
ことは確かで、中国側も対抗措置を講じる可能性があります。
ただ香港は中国本土の企業にとっても非常に重要な「資本市場」であって、ここで多
くの中国企業が資金調達や運用を通じて米国との接点を持っています。
常識的に考えれば、中国が香港での関与をさらに強め、米国との断交を行うことは考
えにくいことです。

新型コロナウイルスの感染拡大が和らいできたことで、市場ではややリスクオンの流
れが勢いを増して
来ました。感染拡大による影響は確かに峠を越えたものと思われますが、今後二次、
三次の感染拡大も懸念され、世界の主要国で経済・社会活動が正常に戻るのは、早く
ても来年春ごろではないかと思っています。
その頃にはコロナに対するワクチンも開発され、人々が安心して経済活動に専念でき
るようになっているのではないでしょうか。
まだまだ安心しきるわけにはいきません。

株価が大幅に上昇し、リスクオンが進んでもドル円の上値は重い印象です。
多くの投資家が米中関係の悪化を懸念していることが背景かと思われます。
明確な方向性が出るまではまだ辛抱が必要ですが、市場のエネルギーもかなり溜まっ
てきていると思います。油断をしないよう、市場と向き合っていきましょう。



スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。