fc2ブログ

NYダウ、S&P500、6日ぶりに反落 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆ドル円は反発。経済指標の悪化に株価が大きく下げたことから、
「リスク回避のドル買い」といった動きとなりドル円は上昇。
109円65銭までドル高が進み、109円割れは今回も
お預け。
◆ユーロドルでもドル高が進み、一時は1.1707まで下落。
今年3月31日に記録した安値に接近。
◆株式市場は3指数が揃って下落。ダウとS&P500は6日
ぶりに大きく売られる。
◆債券相場は横ばい。長期金利は1.26%台と変わらず。
◆金は反落し、原油は4日続落。

◆7月小売売上高         →  -1.1%
◆7月鉱工業生産         →  0.9%
◆7月設備稼働率         →  76.1%
◆8月NAHB住宅市場指数    →  75

本日の注目イベント

◆日   7月貿易収支
◆欧   ユーロ圏7月消費者物価指数(改定値)
◆英   英7月消費者物価指数
◆米   7月住宅着工件数
◆米   7月建設許可件数
◆米   FOMC議事録(7月27-28日分)
◆米   カプラン・ダラス連銀総裁講演
◆米   ブラード・セントルイス連銀総裁講演
◆加   カナダ7月消費者物価指数

アフガニスタン全土を制圧した「タリバン」は17日、報道官が記者会見を開き、
「国際社会、特に米国や近隣国への攻撃にアフガニスタンが利用されることはない
と保証する」と述べました。また懸念されている女性の権利や自由についても、「
イスラム法の範囲内で女性を守る」とし、今後樹立が見込まれる新政権にも、一定
の条件下で女性が加わることも認めると説明しました。
さらに報道官は、米国や旧アフガン政権に協力、あるいはそのために戦った人々は
「全員、罪を許された」として、「タリバン」によりアフガニスタン・イスラム首
長国はこうした人々への報復を目指さないとも言明。銃が大量に流通している全土
で兵器を回収し、アヘンの生産を取り締まる意向も明らかにしています。(ブルー
ムバーグ)しかし、国際社会は「タリバン」がこれらの公約を実際に実行するかど
うかについては依然懐疑的と見られ、新政権樹立後の行動を注視している状況です。

NY株式市場が久しぶりに大きく下げました。
ダウとS&P500が5日連続で最高値を更新していたことを想えば、当然の下げ
と見ていますが、気になるのはその下落のトリガーです。
7月の小売売上高は市場予想の「-0.3%」から大きく乖離し、「-1.1%」
と、大幅な減少でした。13分野のうち8分野で売上高が減少し、減少した分野は
かなり広範囲に及んでいました。特に、自動車ディーラーやネットでの売上高が落
ち込んでいます。
すでに発表された、ミシガン大学消費者マインド、NY連銀製造業景況感指数、そ
して今回の小売売上高と、軒並み下振れ結果が続出しています。
さらに言えば、この日発表された8月のNAHB市場市指数も「75」と、予想を
下回り3カ月連続で下げています。

米国でもデルタ変異株の感染拡大が続いており、企業経営者の心理だけではなく、
消費者の心理も先行きに対して慎重になっていることを表していると思われます。
これらのデータが来週のジャクソンホールでのパウエル議長の発言や、9月のFO
MCに微妙な影響を及ぼす可能性もありそうです。
そのパウエル議長は昨日、教育者や学生とのオンライン対話集会で発言しましたが
、金融政策や経済成長への言及はなく、新型コロナウイルスの感染に触れるのみで
した。議長は、コロナ禍について、「いまは異例の時代であり、これが結果的に並
外れた世代を生み出すと思う。この世代の世界の見方は従来と異なる。人生にとっ
て何が真に重要か、他の人々より早く考えざるを得なかったためだ」(ブルームバ
ーグ)と説明したにとどまっています。

小売売上高の大幅な下振れを受け、NY株は大きく下げました。ダウは282ドル
安で取引を終えましたが、一時は500ドルほど下げ、リスク回避の流れが強まり
ました。ドル円は109円台前半から109円台半ばを超える水準まで反発しまし
たが、今回は「リスク回避の円買い」ではなく、「リスク回避のドル買い」だった
ようです。この辺りが個人投資家にとっても判断が難しい所で、リスクが急激に高
まった時にはどのように対応すべきか迷う部分です。
言えることは、これまでのような「リスクが高まったら安全通貨の円を買え」とい
うことではないということです。コロナに対する対応に象徴されるように、「安全
通貨の円」は最早神話になりつつあります。

それにしても、110円台半ばから後半が抜け切れないのと同じように、109円
前後が明確に抜け切れません。今回の「タリバン」によるアフガン制圧をきっかけ
にドルが下値を試すと予想していましたが、どうも緩慢な値動きからは抜け出せま
せん。ただ、来週のジャクソンホールでのパウエル議長の講演を始め、雇用統計、
FOMCと来月に向けては「材料が豊富」です。まだ気を緩めるわけにはいきませ
ん。

本日のドル円は109円10銭~109円80銭程度を予想します。


スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。