fc2ブログ

ユーロドル1.16台半ばへ続落 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆ドル円はやや値を戻したが、109円台半ばから後半で
小動き。長期金利が若干上昇したことで109円87銭まで
ドルが買われる。
◆ユーロドルは引き続きユーロ売りが勝り、1.1664
までユーロ安が進む。ユーロは対円でも一時128円を
割りこむ。
◆株式市場は3指数とも揃って上昇。ダウは4日ぶりに225ドル
の上昇。
◆債券は反落。長期金利は1.25%台へ上昇。
◆金は小幅に反発。原油は7日続落し、62ドル台に。

本日の注目イベント

◆独   独6月製造業PMI(速報値)
◆独   独8月サービス業PMI(速報値)
◆欧   ユーロ圏8月総合PMI(速報値)
◆欧   ユーロ圏8月製造業PMI(速報値)
◆欧   ユーロ圏8月サービス業PMI(速報値)
◆欧   ユーロ圏8月消費者信頼感指数(速報値)
◆英   英8月製造業PMI(速報値)
◆英   英8月サービス業PMI(速報値)
◆米   8月マークイット製造業PMI(速報値)
◆米   8月マークイットサービス業PMI(速報値)
◆米   8月マークイットコンポジットPMI(速報値)
◆米   7月中古住宅販売件数

ドル円は109円台半ばから後半で推移し、110円を挟むもみ合いに終始。
膠着状態が続いています。一方、ユーロドルは「ドル買い・ユーロ売り」がじ
わじわと進み、先週末のNYでは1.1664まで売られています。米長期金
利はやや上昇に転じましたが、依然として予想外の低水準に留まっています。
米国でもデルタ変異株の感染拡大が続いており、特にフロリダ州などでの感染
が著しく、21日には米国全体での死者数は1000人を超え、今年3月以来
の高水準になっています。株式市場では、デルタ株の感染拡大が景気へも影響
を与える可能性があるとの見方も出て、先週は概ね、利益確定の売りに押され
下落傾向でした。もっとも、ジャクソンホールでのパウエル議長の講演を控え
、利益確定の売りが出易い状況であったことも事実です。

その「ジャクソンホール会議」が新型コロナウイルスの感染が再拡大している
ことを理由に、オンライン方式に切り替わりました。主催するカンザスシティ
ー連銀は20日、当初対面方式を予定していましたが、参加者の健康上のリス
クが高まっているとして急遽オンライン方式に変えることを発表しました。
同連銀のジョージ総裁は、「予定していたように対面で集まれないことは残念
だが、出席者と地域の安全を最優先する」との声明を出しています。また当初
予定されていた26-28日の日程も27日に限るとしています。
パウエル議長の講演は東部時間27日午前10時(日本時間同午後11時)か
ら行う予定です。7月のFOMC議事録では「多くの参加者が年内のテーパリ
ング開始が適切」との議論があったことが明らかになり、パウエル議長の講演
内容が極めて重要になっています。

FOMCは年内9月、11月、12月と、あと3回を残すのみです。
12月については、年末ということもあり、また多くの米企業が「12月決算
」ということもあるため、一般的には「政策変更は行いにくい」と言われてい
ます。そうなると、9月か11月のテーパリング開始宣言が最も可能性が高い
と見られます。もちろん上述のように、足元ではデルタ株の感染が猛威を振る
っており、いましばらくはその行方を見守るという選択肢もあろうかと思いま
す。また労働市場の確実な回復を確認するには8月の雇用統計の結果だけでは
なく、9月分も確認したいという考えもありそうです。
あと2回の雇用統計の結果を確認するという意味で、筆者は11月のFOMC
でのテーパリング開始宣言を支持する次第です。
この辺りの状況を、パウエル議長がどのように説明するのか、世界中が注目し
ています。

イエレン財務長官は、次期FRB議長にパウエル議長の再任を支持する考えを
ホワイトハウスのシニア・アドバイザーに伝えました。
パウエル議長の任期は来年2月に迫っており、バイデン大統領は9月6日のレ
ーバーデー前後には決定すると見られています。
すでにブレイナードFRB理事の名前も候補に挙がっていますが、バイデン大
統領に信任の厚いイエレン長官がパウエル議長再任に支持を表明したことは、
議長人事に大きな影響を与えると見られます。
パウエル議長の再任には議会の承認が必要となりますが、多くの民主党議員は
パウエル氏を評価している一方、ブラウン、ウォーレン両上院議員は、金融規
制を巡るパウエル氏の対応を批判しており、必ずしも民主党が一枚岩ではない
状況です。

昨日の横浜市長選で、野党系の山中氏が勝利しました。
菅首相のおひざ元での選挙とういうこともあり、当初から相当注目度が高い中
での選挙でしたが、山中氏が他の7人の候補を破って当選しています。
衆議院選挙を前にしての与党候補の敗北で、菅政権への打撃は小さくはないよ
うです。今後、政局という新たなリスクが発生し、これが低迷している株価に
追い打ちをかける可能性があります。
為替への影響はほとんどないと思いますが、自民党総裁が誰になるのかという
点と、その先の衆院選挙の結果次第では為替にも影響がありそうです。

本日のドル円は109円40銭~110円20銭程度を予想します。


スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。