fc2ブログ

月別アーカイブ

 2021年10月 

米長期金利は1.6%へ上昇 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆ドル円は東京時間に利益確定の売りと見られる売りに押され
114円前後まで下落したが、114円台はキープ。NYでは
米長期金利が上昇したことでドルは底堅く推移。
◆ユーロドルは引き続き1.16を挟みもみ合い。
◆株式市場はまちまち。ダウは3日ぶりに反落したが、
ナスダックは124ポイント上昇し1万5千ポイント台を回復。
◆債券は続落し、長期金利は1.6%台に乗せる。
◆金は続落。原油は小幅ながら3日続伸。

◆9月鉱工業生産           →  -1.3%
◆9月設備稼働率           →  75.2%
◆10月NAHB住宅市場指数     →  80

本日の注目イベント

◆豪   RBA議事録
◆英   ベイリー・BOE総裁講演
◆米   9月住宅着工件数
◆米   9月建設許可件数
◆米   ボウマン・FRB理事とサンフランシスコ連銀総裁、フォーラムに参加
◆米   ボスティック・アトランタ連銀総裁、イベントに参加
◆米  企業決算 → エリクソン、J&J、フィリップモリス、P&G、ネットフリックス

ドル円は底堅い動きが続いています。
ユーロドルが連日1.16を中心にもみ合い、明確な方向性も確認しづらく、
小動きな動きを見せているのとは対照的になっています。
昨日も東京時間では、久しぶりの水準でもあったことからドル売りが優勢とな
り、114円近辺まで押される場面もありましたが、114円を割り込むこと
なくその後上昇に転じています。
NYでは米長期金利が1.6%台を回復したこともあり、114円36銭まで
ドル買いが進みましたが、前日の高値を更新するには至っていません。
114円台半ばから115円にかけてはレジスタンスもあり、ドル売り注文も
並んでいるとみられることから、やや足踏み状態が続いています。
この水準を抜け切ることが出来るかどうかは、今後の水準を予想する上でも重
要かと思います。

中国の第3四半期GDPは大きく減速していました。
前期比「0.2%」増、前年同期比でも「4.9%」増と、第1四半期の「1
8.3%」はおろか、第2四半期の「7.9%」増からも大きく減少していま
した。
9月に本格化した電力制限や不動産への規制強化が影響しており、さらには資
源高から企業収益の悪化も目立っており、企業は増加したコストを価格に転嫁
できずに収益を圧迫しているものとみられます。
また中国恒大集団の経営危機問題もくすぶっており、不動産開発業界には同様
な企業が他にも多く見られるとの報告もあります。
中国の不動産開発は規模が大きく、GDPの3割程度を占めているとみられま
す。
中国恒大集団が破綻すればその影響も大きく、現時点では中国政府は同社の救
済には消極的のようですが、これらは習近平指導部の評価にもつながり、自身
の政権維持にも大きく関わってきそうです。

ドル円は底堅い動きを見せてはいるものの、これまでのようなスピードを伴っ
た上昇には一旦ブレイキがかかるのでないかと予想しています。
FOMCでのテーパリング開始を巡る決定もほぼ織り込まれ、市場はその先の
利上げの時期を探る展開になっています。
一方で、米債務上限を巡る問題は未解決です。
イエレン財務長官は18日、議会主導部に書簡を送りその中で「最近の債務上
限引き上げは一時的な猶予を与えるものにすぎない」と指摘しています。
連邦債務の法定上限を引き上げる法案は成立し、12月3日までやりくりが可
能にはなったものの、財務省は上限突破を回避するため引き続き非常手段を使
う必要があると警告しています。

中長期的なドル円の上昇傾向は引き続き継続されるとみていますが、11月の
FOMCでの委員のインフレに対する認識の変化や、12月には上述のように
債務上限問題が再びクローズアップされますが、その際の政治的なかけひきの
行方などが材料になるとみられます。
本日は底堅い動きが予想されますが、材料にも乏しく、上値では114円50
銭が明確に抜け切れるかどうか。一方下値では昨日抜け切れなかった114円
が破られるかどうかが注目されます。

本日のドル円は113円80銭~114円60銭程度を予想しています。


スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。