fc2ブログ

米長期金利5カ月ぶりに1.64%台に 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆ドル円は東京時間の夕方114円台を割りこみ、113円88銭
近辺まで売られたが、その後切り返しNYでは114円40銭まで
上昇。米長期金利の上昇がドル円を押し上げる。
◆ユーロドルではドル安・ユーロ高が進み、1.1658まで
続伸。
◆株式市場は3指数が揃って上昇。ナスダックとS&P500は
5日続伸。インフレ懸念が残る中、ネットフリックスやJ&J
などの好決算が相場全体を押し上げる。
◆債券は続落し、長期金利は一時1.643%まで上昇。
約5カ月ぶりの高水準を付ける。
◆金と原油はともに上昇。

◆9月住宅着工件数    →  155.5万件
◆9月建設許可件数    →  158.9万件

本日の注目イベント

◆日   9月貿易収支
◆独   独9月生産者物価指数
◆欧   ユーロ圏8月経常収支
◆欧   ユーロ圏9月消費者物価指数(改定値)
◆英   英9月消費者物価指数
◆米   ベージュブック(地区連銀経済報告)
◆米   クオールズ・FRB副議長講演
◆米  企業決算 →  バイオジェン、ベライゾン、IBM、テスラ
◆加   カナダ9月消費者物価指数

昨日のコメントでドル円は、上値は114円50銭を明確に上抜けできるか
どうか、下値は114円を割り込むかどうかに注目し、どちらかと言えば後
者の可能性が高いと予想しました。
東京時間の夕方、ドルはジリジリと値を下げ114円を割り込み、113円
88銭前後まで売られました。ただその後は反発し、NYでは米長期金利の
上昇という「助っ人」もあり、114円40銭まで買われ、結局元の鞘に戻
った形です。主要通貨全般の動きでは、明らかに「ドル安」が進み、ユーロ
ドルでは約3週間ぶりに1.16台半ばまで「ユーロ高・ドル安」が進み、
対豪ドルでは約3カ月ぶりに0.7485近辺まで「ドル安」が進んでいま
す。ドル円だけが上昇した格好となり、ドル円がいかに米金利との相関が強
いかを如実に表した格好です。ドル円では「円安」が進み、他の主要通貨で
は「ドル高」が進行したことから、クロス円は軒並み上昇し、「円の独歩安
」の展開が続いています。

米債券が売られ、長期金利はついに1.64%台まで上昇し、これがドル円
を動かした直接の要因でしたが、その背景にはウォラーFRB理事の発言が
あったようです。
ウォラー理事は19日の講演で、高インフレ率が続くようなら2022年に
も利上げを行うことを支持すると述べました。
ウォラー氏はスタンフォード大学経済政策研究所が主催したオンライン形式
のイベントで、「金融当局の責務のうち、雇用に関してはなお改善の余地が
あるものの、十分な前進を遂げたため、資産購入のテーパリングを2週間後
のFOMCの後に始めるべきだと私は考える」と述べ、2カ月連続で市場予
想を大きく下回った雇用統計の結果がテーパリングを引き延ばす要因にはな
らないとの考えを示しました。
さらに2023年初旬と見られている「利上げ」についても、「2022年
に入ってもインフレ率が2%をかなり上回って、私の上振れリスクが現実化
した場合は、現在の予想よりも早い利上げを支持するだろう」とも述べてい
ます。
また同理事は、「政策の方向性を決める上で、家計調査と金融市場の双方を
ベースとするインフレ期待指標をモニターすることが重要になる」と指摘し
ています。(ブルームバーグ)
FRB執行部の一人がかなり「タカ派寄り」の発言を行ったことが注目され
ます。
11月2~3日のFOMCでは、すでにテーパリング開始が決定されること
は織り込み済みと思われ、市場の関心は「いつ利上げが開始されるのか」と
いう点に移っています。
ウォラー理事の「2022年にも利上げ」といった発言はまだ少数派に属し
ますが、今後足元の高インフレ率が続くようだと、多数派に属してくる可能
性があり、ウォラー理事がその先陣を切ったようです。

テーパリング開始を織り込む形で、米長期金利がジワジワと上昇しています
が、一方でNY株式市場では株価が堅調に推移し、金利上昇に弱いとされる
ナスダック指数は5日続伸しています。企業の好決算が投資家を強気にさせ
ているようです。
先週は大手米銀が軒並み好決算を発表したことで、軟調だった株式市場が大
きく反発しましたが、昨日の主役は「ネットフリックス」だったようです。
韓国の大ヒットドラマ「イカゲーム」の人気が追い風となり、7-9月期の
会員数は438万人の純増となり市場予想を上回っていました。同社株は時
間外取引で3.8%上昇しているようです。

民主党のシューマー上院院内総務は、バイデン大統領の経済課題について議
会民主党が今週中の合意を目指していると述べ、党の進歩派と穏健派がそれ
ぞれ、バイデン氏とハリス副大統領、イエレン財務長官と会談することにな
っています。
合意できれば、増税や気候変動対策、育児と教育、医療向けの連邦支援の拡
大などの他、上院ですでに可決し下院での採決が待たれる5500億ドル(
約62兆9150億円)の公共事業計画も進められるとのことです。
米長期金利の上昇を手掛かりに底堅い動きを見せるドル円ですが、本日は米
株高と円安が続いていることから日本株も上昇する公算が高いとみられます
。リスクオンが進み、再び円が売られ易い状況になりそうな雰囲気もありま
す。

本日のドル円は114円10銭~114円90銭程度を予想します。


スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。