fc2ブログ

ドル円、約6週間ぶりの円高水準に 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆ドル円は上値を重くし、130円割れを試す展開が続く。
昨日の東京時間午後には130円42銭までドルが売られ、約
6週間ぶりの円高に。NYでも同水準を試したが跳ね返される。
◆ユーロドルも底堅く推移。1.09台に乗せる場面もあったが、
上値ではやや警戒感も。
◆前日大きく売られた株式は、イエレン長官の発言もあり、
3指数が揃って反発。S&P500は小幅高、ナスダックは
117ポイント上昇。
◆債券は続伸。長期金利は3.42%台に低下。
◆金は大幅に続伸し、引け値で2000ドルに迫る。原油は
4日ぶりに反落。

◆新規失業保険申請件数         →  19.1万件
◆経常収支(10-12月)       →  -206.8b
◆2月新築住宅販売件数         →  64.0万戸

本日の注目イベント

◆日  2月消費者物価指数
◆独   独2合PMI(速報値)
◆欧   ユーロ圏3月製造業PMI(速報値)
◆欧   ユーロ圏3月サービス業PMI(速報値)
◆欧   ユーロ圏3月総合PMI(速報値)
◆英   英3月製造業PMI(速報値)
◆英   英3月サービス業PMI(速報値)
◆英   英2月小売売上高
◆米   3月S&Pグローバル製造業PMI(速報値)
◆米   3月S&Pグローバルサービス業PMI(速報値)
◆米   3月S&PグローバルコンポジットPMI(速報値)
◆米   2月耐久財受注
◆米   ブラード・セントルイス連銀総裁講演

前日のFOMC会合で、予想通りインフレ抑制を優先する形で0.25
ポイントの利上げを決めました。パウエル議長は会見で、「利上げの一
時停止も検討した」と述べましたが、シリコンバレー銀行(SVB)の
破綻については、「米銀行システムは健全かつ強靭で、金融システムに
十分な資本があり、流動性は潤沢だ」と語っていました。
また、FRBとして銀行システムの安全性と健全性、効率を維持するた
め、「われわれのツール全てを活用する」と説明しています。0.25
ポイントの利上げと、パウエル議長のこの様な発言を受けて前日の金融
市場では、株価が大きく売られ、同時に、売られると思っていた債券が
買われ、金利が大きく低下。ドル円は金利低下に反応し、132円台前
半から130円台後半まで売られ、その流れで昨日の東京時間でもドル
の上値が抑えられた格好でした。

もっとも、株価の大幅な下げは前日の上院での証言でイエレン財務長官
が、「米国の銀行システムを安定させるために、全面的な預金保険を提
供することを規制当局が検討していることはない」と発言したことが、
トリガーとなった側面もありました。
イエレン財務長官は昨日の下院での証言では、最近の政府の措置は「米
国民の預金の安全性を確実にするために講じられた」と繰り返し述べま
したが、その後に、「もちろん、正当化される場合は追加措置を講じる
用意があるだろう」と説明しています。
この発言から昨日のNY株式市場では、金融不安への懸念が依然として
くすぶりながらも株価の反発を誘っていました。

結局、先週のECBの0.5ポイントの利上げを皮切りに、前日のFR
B、昨日のBOEとスイス中銀、さらにはノルウェー中銀と台湾中銀も
利上げを決めています。
特にスイス中銀は、クレディスイスの経営危機問題がある中でも、0.
5ポイントの利上げを決定し、今後の追加利上げの可能性も示唆してい
ます。
UBSによるクレディスイス買収を完了させたことで、ひとまず同国の
信用不安は峠を越えたと判断した模様です。
ここでもインフレ対応を優先させた形になっています。

今後もFRBの金融政策の行方が大きな焦点であることは変わりません。
今回の利上げで、「9会合連続」で利上げを決めたことになり、これで
フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標レンジは4.75~5.0
0%になりました。
パウエル議長は会見でさらなる追加利上げの可能性にも言及していまし
たが、これまでの大幅な累積的な利上げでも、今後銀行システムの安全
性には問題はなく、銀行危機をこれ以上深刻化させることはないといっ
た自信を示したのかもしれません。
一方で、今回も利上げに踏み切ったことで、米経済のリセッション入り
の可能性はさらに高まってきたと予想されます。
利上げを理由に買われてきたドル円が今後、利上げによる景気後退が本
格化し、
それを理由にドル売りが進むことも予想されます。
先ずは130円台が維持されるのかどうかといった点と、もしその水準
を割り込んだ場合、今年1月16日に記録した、今年のドルの最安値で
ある127円22銭を下回るのかどうかが焦点になります。
やや注目度が低下している「植田日銀」のYCC修正や金融政策の変更

春から夏場にかけては再びスポットライトを浴びることとなり、「円高
要因」になると思われます。

本日のドル円は129円50銭~131円50銭程度を予想します。


スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。